2011年11月号
月刊警察
A5判  208ページ  (別冊付録とも)

11月号は付録つき( )です。

付録  『2012年版 SA問題集〔法学編〕』
 法学四法の基礎固めを意識した五肢択一式SA問題を、科目・分類別に200問精選収録。詳しい解説付きで、直前対策の自学・自習に最適!
※「付録」単体でのお申込みはご容赦願います。
月刊警察
10月号の在庫はありません
定期購読のお申し込みは
お電話(0120-338-921) または
富士山マガジンサービス にて
承っております。
富士山マガジンサービス〔月刊警察〕
ポイント月刊警察
  • 「昇任試験」対策に照準!
  • 全ページ2色刷り
  • 月々無理・無駄のない分量と価格設定に配慮!
  • 「法学四法解説特別講座」をはじめ、新連載が続々!

主なCONTENTS
法学四法解説特別講座
  • 「警察官のための 明快・憲法講義」
  • 「重要論点に学ぶ ケーススタディ・刑法」
  • 「背景知識から読み解く 刑事法の重要判例」
    ◎毎回、刑事法の重要判例をセレクトし、当時の背景知識等も踏まえながら、法の原理・原則を明解に導きます。
  • 「捜査手続法ハンドブック」
    ◎司法制度改革・裁判員裁判制度を踏まえた今、捜査官をはじめとした全警察官に向けて、変貌する捜査手続に配慮した、適正・妥当な職務執行の礎となる捜査手続の論点を明解に説きます。
昇任試験合格対策講座
  • 「昇任試験模擬問題(SA・論文)」
    ◎毎号、全科目にわたる詳しい解説、的確な答案例により、合格への実力養成を図ります。
実務能力養成講座
  • 「メンバーの潜在力を引き出す職場運営」
    ◎効果的なリーダーシップを発揮する優秀な方々が実践している「強い現場づくりに大切なこと」とは? これから幹部を目指す読者の皆さんに、心の絆に溢れる良い職場づくり(マインドビルディング式組織作り)の基本を解説し、自己成長のためのヒント探しへと案内します。
  • 「ゴネラーへの処方箋 4[職質特別対談]」
    ◎あの“ゴネ処”が帰ってきた! 職質技能指導官とBGT研究会のコラボレーションにより、職務質問の極意を分かりやすく、軽妙なタッチで伝授します。
  • 「使える!! 実務で活きる エッセンス 平成の刑訴法判例」
    ◎実務上重要な判例の考え方をかみくだいて解説。丸暗記ではなく、昇任試験対策はもちろん、似て非なる事案への応用力が身に付く効果的な構成です。
  • 「イラストでわかりやすい 擬律判断・刑事訴訟法」
    ◎あの昇任試験対策に確固たる実績をもつ「ニューウェーブ昇任試験対策委員会」が執筆する連載です。典型事例をわかりやすい独特のイラストで解説し、読者の興味を引き、勉強意欲をわかせる構成です。
    ◎具体的には、
    ・論文試験対策
    ・職務執行のイメージトレーニング
    ・刑事訴訟法の基礎をわかりやすく解説
    といった内容を画期的な手法で伝授します。
    連載後の反応も「本当にわかりやすい!」との声が続出!
  • 「気づきのヒント」
    ◎最近気になる警察の現状に対し、「気づき」をキーワードに今までにない視点から解決策を探ろうとする連載です。内容は、職務質問、昇任試験等、実務に密接したものが盛りだくさん。「ベテランから若手への技能の伝承」という温かいメッセージを込めた、必読の指南書です。
  • 「Q&A講座」
    ◎法改正情報を中心に、Q&A方式で「そこが知りたい」に明解にお答えします。タイムリーな話題を用意し、日常の執務、昇任試験対策にも即応!
連載コラム
  • 「独白、警察署長 3」
    ◎今こそ、次代を担う若手警察官に求められる“心の教材”。署長経験者が自らの体験から紡ぎ出す、熱き心のエール、胸に染み入る魂の伝承。ご好評にこたえ、第3弾スタート!
月刊警察Valiantの連載から生まれたValue Book Series
表紙画像:捜査心理ファイル 捜査心理ファイル
〜犯罪捜査と心理学のかけ橋〜

詳細はこちらから >>
ゴネラーへの処方箋3
〜民間での講演録風〜

詳細はこちらから >>

Back Number
誌面についてのご意見・お問い合わせはこちら
メール