『月刊交通』臨時増刊号 平成16年
わかりやすい道路交通法の改正要点【法律編】

警察庁交通局 推薦/道路交通研究会 編集
A5判/104ページ 
富士山マガジンサービス〔月刊交通〕定期購読のお申し込み、及びこの号のご注文は
お電話 (0120-338-921) または
富士山マガジンサービス にて承っております。
表紙

『月刊交通』臨時増刊号 平成16年「わかりやすい道路交通法の改正要点【法律編】」 目次
第一 違法駐車対策の推進を図るための規定の整備
一 駐車に係る車両の使用者の義務の強化
二 車両の使用者に放置違反金の納付を命ずる制度に関する規定の整備
(一)放置車両の確認及び標章の取付け
(二)放置違反金納付命令
(三)弁明の機会の付与
(四)放置違反金の額
(五)放置違反金の仮納付
(六)放置違反金の督促及び滞納処分
(七)放置違反金等の収入
(八)納付命令の取消し及び放置違反金等の還付
(九)車両の使用者等からの報告徴収及び官庁等に対する照会
三 車検拒否制度に関する規定の整備
四 車両の使用制限命令に関する規定の整備
五 放置車両の確認及び標章の取付けに関する事務等の委託に関する規定の整備
(一)確認事務の委託及び法人の登録
(二)放置車両確認機関
(三)駐車監視員資格者証
(四)放置違反金関係事務の委託
六 警察署長が移動保管した放置車両の返還に関する規定等の整備
第二 運転者対策の推進を図るための規定の整備
一 中型免許の新設等
二 中型自動車の新設
三 大型免許、中型免許及び中型第二種免許の受験資格
(一)大型免許の受験資格
(二)中型免許の受験資格
(三)中型第二種免許の受験資格
四 大型免許、中型免許及び中型第二種免許に係る路上試験の導入
五 大型免許、中型免許及び中型第二種免許を受けようとする者に対する取得時講習の義務付け
六 改正法の施行の際、現に運転免許を受けている者に係る経過措置
七 道路交通法制定時の附則の一部の廃止及び昭和四十年改正法附則の一部改正
第三 暴走族対策の推進を図るための規定の整備
一 共同危険行為等の禁止規定の見直し
二 騒音運転等に対する罰則規定の見直し
三 消音器不備に対する罰則の引上げ
第四 大型自動二輪車等の運転者の義務に関する規定の整備
一 高速自動車国道等における大型自動二輪車等の二人乗りの条件
二 高速自動車国道等における大型自動二輪車等の二人乗りの条件違反に対する罰則の引上げ
三 免許を受けていた期間が一年未満の者による大型自動二輪車等の二人乗り禁止規定違反に対する罰則の引上げ
四 危険防止の措置に関する規定の整備
第五 その他
一 携帯電話使用等に対する罰則規定の見直し
二 飲酒検知拒否に対する罰則の引上げ
三 交通安全対策特別交付金に係る国への返還及び国の報告徴収の規定の廃止
第六 施行期日
参考資料 
○道路交通法の一部を改正する法律新旧対照条文(抜粋)