『月刊交通』臨時増刊号
わかりやすい道路交通法の改正要点【政令・府令・規則編】
−駐車対策・中型免許の新設等を解説−
道路交通研究会 編集
A5判/96ページ 
富士山マガジンサービス〔月刊交通〕定期購読のお申し込み、及びこの号のご注文は
お電話 (0120-338-921) または
富士山マガジンサービス にて承っております。
表紙
≪「わかりやすい道路交通法の改正要点【政令・府令・規則編】」訂正のお願い≫

『月刊交通』臨時増刊号「わかりやすい道路交通法の改正要点【政令・府令・規則編】」 目次
第一 違法駐車対策の推進を図るための規定の整備
一 放置違反金に関する規定の整備
(一)放置違反金の額
(二)放置違反金の仮納付の方法等
(三)放置車両確認標章の取付け
(四)弁明通知書の記載事項
二 放置車両確認機関に関する規定の整備
(一)登録の有効期間及び公示事項
(二)法人の登録に関する事務及び駐車監視員に関する事務の手数料の標準
(三)確認事務を行おうとする法人の欠格事項
(四)駐車監視員資格者講習の講習事項
(五)駐車監視員資格者講習の課程を修了した者と同等以上の技能及び知識を有すると認める者の認定
三 車両の使用制限命令に関する規定の整備
(一)車両の使用制限命令の基準
(二)国家公安委員会への報告
四 車検拒否制度に関する規定の整備
(一)国土交通大臣等への通知事項
五 その他
(一)警察庁長官への委任
(二)方面公安委員会への委任
第二 中型免許の新設等による運転者対策の推進を図るための規定の整備
一 車両の使用の制限の基準
二 高速自動車国道における中型自動車の最高速度
三 運転制限に関する規定の整備
(一)大型免許を受けた者に対する大型自動車又は中型自動車の運転制限
(二)中型免許を受けた者に対する中型自動車の運転制限
四 中型自動車に係る放置違反金及び反則金の額
五 指定自動車教習所等に関する経過措置
六 自動車の区分の基準
七 適性試験等の科目及び合格基準
八 技能試験
(一)技能試験の項目
(二)試験車両の基準
九 取得時講習
十 指定自動車教習所の教習及び技能検定
(一)コースの種類、形状及び構造の基準
(二)教習科目、教習時間及び教習方法の基準
十一 経過措置
十二 道路標識(道路標識、区画線及び道路標示に関する命令)
(一)規制標識
(二)車両の種類の略称
十三 指定自動車教習所等の教習の基準の細目(指定自動車教習所等の教習の基準の細目に関する規則)
十四 その他
第三 暴走族対策の推進を図るための規定の整備
一 騒音運転等に対する反則金の額
二 消音器不備に対する反則金の額の引上げ
第四 大型自動二輪車等の運転者の義務に関する規定の整備
一 高速自動車国道等における大型自動二輪車等の二人乗りの条件
二 大型自動二輪車等乗車方法違反に対する反則金の額の引上げ等
三 自動二輪車二人乗り通行禁止の標識
四 大型自動二輪車等の二人乗り運転に係る交通安全教育の整備
(一)大型自動二輪車等の取得時講習
(二)指定自動車教習所が行う大型自動二輪車免許等の教習
(三)届出自動車教習所が行う大型自動二輪車免許等の指定教習課程
(四)運転免許取得者教育
第五 その他
第六 施行期日
参考資料 
○新旧対照条文(政令・府令・規則の改正等)