関連書籍 消防・防災/雑誌
 
「現場主義」消防総合マガジン

2014年8月号 (毎月1日発行)
B5判 116ページ(カラー32ページ) 
富士山マガジンサービス〔月刊消防〕
定期購読のお申し込みは
お電話(0120-338-921) または
富士山マガジンサービス にて承っております。
「情報のひろば」「火災調査マイスターの質問コーナー」
その他記事のご投稿はこちら

2014年8月号(通巻422号) 目次

【Special Feature】
これぞ世界トップクラス!
海上災害防止センターの消防演習場に潜入
「月刊消防」編集室

世界トップクラスとも言われる消防演習場を備え、他にはない充実した施設で年間を通じて様々な訓練(講習)を実施している一般財団法人海上災害防止センター。その施設で行われた実践的な消防訓練の一部をご紹介いたします。

【短期連載】横浜救助五十年〜消防救助の18000日〜(4)
―救助大会の原点― 都市消防レンジャー技術交換競技会を実施
横浜市消防局
人材育成の輪
若手職員の皆さんへ
福岡市消防局 深堀浩之
消防分野における国際協力 東日本大震災とICS(下)
― ICSの観点から見た大阪市消防局と海外救助隊との連携 ―
合田克彰
PHOTO TOPICS
放射線医学総合研究所にて、第2回国民保護CRテロ初動セミナーを実施!
「月刊消防」編集室
初めての市民参加型訓練 平成26年度川崎市宮前区水防訓練を実施!
「月刊消防」編集室
東京消防庁と世田谷区が合同総合水防訓練を実施!
「月刊消防」編集室
平成26年度危険物施設合同消防演習を実施!
「月刊消防」編集室
相川先生による消防職員のための新車紹介(8)
日産スカイラインHV
くるま総合研究会(KSK)代表 相川 潔
救助と医療の連携 いかにして迅速かつ安全に救助するか(3)
要救助者への医療介入の問題点
国立国際医療研究センター 吉澤 大
Color Guard Photographic(9)
福岡市消防カラーガード隊
"F.クィーンズ"
福岡市消防局
Fire Engine Collection(35)
CAFS付消防ポンプ自動車(CD-I)
印西地区消防組合
Information消防行政
平成25年度救急業務のあり方に関する検討会報告書
消防庁救急企画室救急推進係長 石田悦美
Information消防行政
消防学校の教育訓練の基準の一部改正について
消防庁国民保護・防災部地域防災室
現場活動を科学的に分析!
月刊消防Laboratory
模型実験による熱環境の変化に関する検証
東京消防庁消防技術安全所
今さら聞けない予防のイロハ(23)
屋内消火栓設備
予防実務研究会
かゆいところに手が届く!
予防お悩み相談室(32)
適マークの復活
消防道研究会
火災調査マイスターがあなたの疑問を解決!!
火災調査Q&A Vol.80
電気痕、コードが半断線になっていた可能性
調査実務研究会
現在を学ぶ(5)
ガイドライン2010 PA連携
名古屋市消防局
実は身近な「NBC災害」(26)
測定器の基本(その2)
三好陸奥守
知ってる? 消防車のなんでもQ&A(5)
車両装備研究会
CHEMICAL SOLDIERのCBRNよもやま話(8)
見えない汚染を見てみたい 〜スプレーとレーザーが除染を変える〜
M田昌彦
災害に強いまちづくり案内(180)
熱血講義録〜中国・四国ブロック消防学校めぐり〜(5)
消防実務に生かす安全管理への取組みについて
島根県消防学校
最新救急事情(156)
健康と病気の境目
玉川 進
救急事例解説(16)
時間が経過した交通外傷
印西地区消防組合白井消防署 山本泰秀
救命の連鎖をつなげ! 女性救急救命士(3)
夫婦で救急救命士?
川崎市消防局川崎消防署 喜熨斗千織
すぐに使える! 消防講話のタネ(22)
ガソリンは思っている以上に危険です
池田和生
木下先生によるわかりやすい法律解説
〜消防に関する法律を読み解こう〜(41)
応急処置をしたバイスタンダーの責任
木下健治
消防団だより 一致団結(10)
IP無線機の導入について
中津市消防団
情報のひろば
消防吏員 昇任試験合格講座


ESSAY & COLUMN
世界の消防グッズ見聞録(52) 三森 進
救急隊員日記(125) ゆうたん
世迷言々(17) 昼寝しない主義
魂の一言(12) 岩崎由純
月刊消防BookReview 都忘れ
このまちを守るために
がんばれ! ふるさと応援団(137)
小澤浩子
トモさんはてんてこ舞い(40) 中尾みなみ
次号予告 (タイトル、内容は変更する場合があります)
  • ▲Special Feature
    太陽光発電設備と設置された建物における
    消防活動の注意点

    東日本大震災以降、再生可能エネルギーへの関心が高まり、一般住宅を中心に太陽光発電設備が急速に普及している。太陽光発電設備が設置された建物において火災が発生した場合、消防活動において、感電などの危険性が存在する。「月刊消防」では、東京消防庁が発出した通知をご紹介するとともに、様々な種類が存在する太陽光発電設備についてご紹介いたします。


  • ▲新連載
    GOGOごうちゃんの『魁!! 合田塾』-全ては要救助者のために-
    合田克彰

  • ▲好評連載中
    横浜救助五十年〜消防救助の18000日〜
    横浜市消防局

  • 救助と医療の連携
    吉澤 大