関連書籍 消防・防災/雑誌
 
「現場主義」消防総合マガジン
月刊消防 表紙
2018年8月号 (毎月1日発行)
B5判 116ページ(カラー32ページ)

内容見本
「情報のひろば」「火災調査マイスターの質問コーナー」
その他記事のご投稿はこちら
富士山マガジンサービス〔月刊消防〕
定期購読のお申し込み、及びこの号のご注文は
お電話 (0120-338-921) または
富士山マガジンサービス にて承っております。

2018年8月号(通巻470号) 目次

【Special Feature】
同じ地区同じ時期の導入でも全く違う!
最新大型化学車三者三様+1
「月刊消防」編集室

Fire Engine Collection (78)
救助工作車Ⅲ型
つくば市消防本部(茨城県)
Fire Engine Collection 番外編
大型消防救助艇「おおえど」
「月刊消防」編集室
危険物安全週間に伴う東京消防庁と東京危険物災害相互応援協議会(東危協)との合同消防演習
PhotoTopics
東京消防庁消防技術安全所一般公開でVR防災体験車をお披露目
「月刊消防」編集室
オープンデッキ型レスキューボートの導入について
小松市消防本部(石川県)     
防災指令課 消防司令 太田順一郎
中消防署 消防士長 切石真仁
今こそ知っておくべき 泡消火のAtoZ(8)
発泡器の概要
深田工業株式会社
ヨソホン
津久見市消防本部・消防署 防災拠点施設
救助の基本+α(27)
現場活動の法的根拠(上)
尾三消防本部 特別消防隊 消防救助隊 八木智章
海外の消防隊(スイス編)
「月刊消防」編集室
Information消防行政
「大規模倉庫における消防活動支援対策ガイドライン」について
消防庁予防課
PhotoTopics
救助活動の「見える化」をかなえる次世代の救助システムを発表
「月刊消防」編集室
平成31年度 一般財団法人救急振興財団
「救急救命の高度化の推進に関する調査研究事業」事業委託団体及び「救急に関する調査研究助成事業」助成団体の募集について
一般財団法人救急振興財団
Information消防行政
平成30年度以降の消防の広域化推進の方向性
消防庁消防・救急課
現場活動を科学的に分析!
 月刊消防Laboratory
各種ノズルを用いた排煙効果の検証
東京消防庁 消防技術安全所 装備安全課
未来の「もりかど予防」に向けて
違反処理体制確立への第一歩
〜違反処理シミュレーション訓練の「その先」へ〜
守口市門真市消防組合消防本部 予防課
予防指導係主任 消防司令補 後藤祐矢
PhotoTopics
5年に1度のビッグイベント東京国際消防防災展2018が開催
「月刊消防」編集室
消防法学入門(3)
行政法の世界 その1
関西大学 教授 山崎栄一
かゆいところに手が届く!
予防お悩み相談室(80)
水噴霧消火設備
消防道研究会
違反是正は怖くない! モヤモヤ解決Q&A(28)
用途変更、増改築不明な非特定防火対象物への対応
第一総合法律事務所 國重槇二
消防心理学トピックス(29)
優越感と劣等感は表裏一体
加藤孝一
ステップアップ 消防技術!(17)
事態対処外傷救護ことはじめ:熱傷も外傷〜やけどもけがのうち〜
防衛医科大学校病院 救急部 吉村有矢
判例から考える救急活動(3)
不搬送に関する訴訟事例から考える(その3)
山岸法律事務所 山岸功宗
PhotoTopics
浜松市消防団庁舎にAED(自動体外式除細動器)を設置します!
浜松市消防局
生活に息づく防火・防災の知恵(4)
「水害との闘い 輪中の知恵」
(公財)市民防災研究所理事長 大江秀敏
これで伝わる! 防火管理指導のひとくちメモ(5)
出火危険が見えにくくなっています
池田和生
CHEMICAL SOLDIERのCBRNよもやま話(56)
フェンタニル……アメリカからの警告−それは日本でも消防の脅威となるか−
濵田昌彦
最新救急事情(203)
救急隊の点滴行為は心室細動の生存率を低下させる
玉川 進
入門 「液化石油ガス法」〜法令の概要と規制体系〜(4)
供給設備・消費設備の技術上の基準
高圧ガス保安協会
第26回全国消防操法大会
情報のひろば
PhotoTopics
領土・主権展示館がオープン!
「月刊消防」編集室
予防技術検定トレーニング
消防吏員 昇任試験合格講座

ESSAY & COLUMN
月刊消防BookReview
火掛り THE スタンダード(13)
トモさんはてんてこ舞い(87)
Voice 先輩消防職員の経験(31)
救急隊員日記(172)
世界の消防グッズ見聞録(95)

次号予告 (タイトル、内容は変更する場合があります) バックナンバー
  • ▲Special Feature
    若手職員の人材育成強化の取組(仮称)

    団塊世代の大量退職に伴い経験豊富な消防職員が減少しており、その技術・知識の継承をいかに行うかが喫緊の課題となっています。このような中、若手職員の人材育成強化の取組について、寄稿いただいた内容をご紹介します。

  • ▲好評連載中
    かゆいところに手が届く! 予防お悩み相談室
    消防道研究会