創刊半世紀の月刊誌
2016年4月号
A5判 128頁
内容見本


ISSN 0286-8490
定期購読のお申し込み、
及びこの号のご注文は
お電話 (0120-338-921)
または
富士山マガジンサービス にて
承っております。xmR}KWT[rXk{l
創刊半世紀の“捜査専門誌”が生まれ変わりました!
〈特色1〉 擬律判断に役立つ事例紹介や実戦的な判例解説を多数掲載!
〈特色2〉 法改正や新法の解説など必須の情報をいち早く提供!
〈特色3〉 「捜査力」と「教養」の向上を図るため、警察官・検察官らによる随想や幹部教養のための論文など、内容をさらに充実!
〈特色4〉 読みやすさ、分かりやすさを追求し、視覚的要素を一新。A5判化!
<臨時増刊号>
「判例から学ぶ捜査手続の実務 特別編(1)」
必ず捜査実務に役立つ、これまでの判例学習書の上をいく決定版 第1弾!
定価(1,204円+税)
詳細はこちら≫

判例の考え方が身につく!

  • 「留置き」の適法性の判断基準を、過去の判例と、二分説(論)をとる近時の判例の考え方を踏まえて検討。
  • 「強制手続への移行段階」における「有形力行使の許容限度」について、昭和61年から平成25年までの重要判例をもとに検討。

2016年4月号目次
実務編 <捜査実務に役立つ事例紹介、法改正情報など>
【特集】
日本警察が推進する国際テロ対策について ~「警察庁国際テロ対策強化要綱」を中心に~
警察庁警備局警備企画課課長補佐 山田雅史

【短期集中連載】
国外にある証拠の収集に関する諸問題(上)
法務省刑事局国際課長 山内由光

【最新 刑事判例研究(第25回)】
接見交通の秘密性の確保と弁護活動(岐阜地判平成25年10月25日(裁判所Web))
日本大学大学院法務研究科教授 前田雅英

【実例捜査セミナー】
強行犯捜査において,デジタルフォレンジック技術を活用した事例について
東京地方検察庁検事 岡本洋之

【実例捜査セミナー】
家庭内で発生した階段からの突き落とし傷害致死事件において,初動捜査時の自白の信用性を立証するため,転落実験を実施した事例
東京地方検察庁検事 牧野展久

【生活経済事犯に関する捜査上のポイント(第4回)】
各論④不正競争防止法
生活経済事犯研究会

【元検察官のキャンパスノート No.72】
 ―捜査の視点 限界事例,ヒヤリ・ハット事例(その10)―検察官の処分(2)
元法務総合研究所研修第二部教官 須賀正行

【海上保安事件の研究(第92回)】
日本高速フェリー「さんふらわあ8号」船内賭博事件の検挙事例
広島文化学園大学大学院社会情報研究科特任教授 海上保安大学校名誉教授 廣瀬 肇

【検証 サイバー(ハイテク)犯罪の捜査(第99回)】
(割込み緊急特集)電子メール標的型攻撃への留意点(個人的見解)その1
NPOデジタル・フォレンジック研究会(IDF)会員 大橋充直

【事例に学ぶ 交通事故事件捜査(第80回)】
左折時に児童運転の自転車を巻き込んで逃走した事件
(株)知能自動車研究所 山崎俊一

【知っておきたい文書鑑定の基礎知識(第24回)】
印章鑑定における検査方法の変遷
元警察庁科学警察研究所附属鑑定所長 吉田よしだ公一まさかず

【文献紹介(第218回)】
『盗犯捜査全書―理論と実務の詳解―』
評者:明治大学法科大学院教授 清水 真


捜査の英語
  (Case 38)
捜査関係ファイル 2月のできごと

論壇・随想編 <「捜査力」と「教養」の向上を図るための論壇、随想など>
Book Land(書評)
 『新任巡査』
実録・事件捜査と人間模様 第68回
 身元不明の死者
元茨城県警察本部刑事部・生活安全部参事官 
菊池きくち興安こうあん

※ 「国家賠償請求事件の裁判例からみた警察活動をめぐる諸問題」「インクのしずく」「捜査官のためのデジタル・フォレンジック入門」「ワンランク上のコーチング 質問コーナー」 は休載させていただきました。


 『捜査研究』発単行本 好評発売中!
『事例から学ぶ交通事故事件』
山崎 俊一 著

詳細はこちらから≫
『実例から学ぶ犯罪捜査のポイント』
大谷 晃大(監修)
范  陽恭(編集協力)

詳細はこちらから≫
『実務に役立つ会社法入門』
鶴岡 文人 著

詳細はこちらから≫
『捜査のための民法』
鶴岡 文人 著

詳細はこちらから≫
『君は一流の刑事になれ』
久保 正行 著

詳細はこちらから≫
『刑事眼』
三沢 明彦 著

詳細はこちらから≫

誌面についてのご意見・お問い合わせは こちら

「捜査研究」広告掲載のご案内は こちら