関連分野   消防・防災/予防  

これは覚えたい

火災調査書類の図面作成塾

編著/監修
編著 火災調査技術向上研究会
体    裁
B5判  116ページ
本体価格+税
1,300円+税
内容見本を見る

お買い物かごに入れる

本書の特徴

火災調査書類に添付する各種図面の作成方法について、初心者でもわかるように詳細に解説した、これまでにない一冊!
  • 建物平面図、詳細平面図など約10種類の図面の作成方法を一挙掲載。
  • 各種類の図面ごとに作成のポイントが満載。
  • 復元図を描くために役立つ一点透視図法、二点透視図法のスキルをわかりやすく学べる。
  • パソコンの活用や車両の復元図作成のノウハウ等、作図に役立つ情報を網羅。

はじめに

判定書を作成する上で、その表現手法については作成者が苦慮するところであり、文章だけで全てを網羅することはとても難しいと思います。例えば、「り災した建物は、○○方向に○○、○○方向に○○、…○○方向の階段を上がり、○○方向の通路を○○方向に…」となると、文章だけで表現しても判定書を読む第三者にとっては理解しがたく、方向オンチになります。また、出火についての実況や考察に至る前に迷宮に陥ってしまいます。

そもそも判定書は、調査員が火災に至った経過や出火原因について万人が分かるように表現することが大前提になると思います。

小説の中の情景や風景の表現などは、読者がそれぞれの体験から色々な風景を想像すると思います。小説の場合はそれぞれの捉え方で構わないと思いますが、判定書の場合は、小説のような訳にはいきません。読む側の全てに共通の認識をもってもらわないと意味がないのです。

このようなことから、文章を補足する意味で、火災調査書類において図面というものが非常に重要となってくるのです。

平成20年9月

火災調査技術向上研究会


目次

  • I 火災調査書類と図面
    • 火災調査書類に使われる図面と役割
      • 調査員が作成する図面
      • REFERENCE 建築物に使われる図面
  • II 平面図などの作成
    • 1 平面図などの作成〜ポイントと注意点
      • 案内図
      • 建物配置図
      • 建物平面図
      • REFERENCE 図記号の例
      • 詳細平面図
      • 電気接続状況図
      • 写真撮影方向図(位置図)
      • 死者の状況図
      • 器具などの構造図、回路図
      • その他状況に応じて必要になる図面
    • 2 作図に役立つ道具
      • 筆記具について
      • テンプレートの活用
      • REFERENCE デジタルレーザーメータの活用
      • REFERENCE 方位計とその使い方
    • 3 パソコンの活用
      • パソコンを利用した図面作成について
      • REFERENCE 工法について
      • Column 板図
      • Column 建築から生まれたといわれる言葉
  • III 復元図の作成
    • 1 復元図に透視図法を用いる必要性
    • 2 透視図法
      • 透視図法とは?
      • 一点透視図法
      • 二点透視図法
      • 図面を描くときのポイントについて
      • 立体をイメージするには
      • 一点透視図法の描き方
      • 二点透視図法の描き方〈外観編〉
      • 二点透視図法の描き方〈内観編〉
      • 二点透視図法で階段を描く
      • 一点透視図法で階段を描く
      • 図面を上手く見せるテクニック
      • 焼き図と復元図
    • 3 車両の復元図
      • パソコンとスキャナを活用した作図(合成図)

関連商品
実例火災調査書類
名古屋市消防局 編著
A5判
288ページ
本体価格+税1,700円+税
実例火災調査書類
実例火災調査書類〔車両火災編〕
編著 名古屋市消防局
A5判
120ページ
本体価格+税1,100円+税
火災調査参考図
火災調査参考図−調査に役立つ物品名鑑−
東京消防庁 監修/火災調査研究会 編著
B5判
232ページ
本体価格+税2,400円+税
火災調査ポケット必携
火災調査ポケット必携−現場で役立つ実務資料集−
東京消防庁 監修
A6ポケット判
632ページ
本体価格+税2,300円+税
火災調査書類の書き方
調査実務研究会
B5判
184ページ
本体価格+税1,700円+税