関連分野   消防・防災/予防  

事例でわかる

火災調査書類の書き方

編著/監修
調査実務研究会
体    裁
B5判  184ページ
本体価格+税
1,700円+税
 ISBN
ISBN978-4-8090-2258-6
C3030 \1700E
発 行 日
平成20年10月10日
内容見本を見る

お買い物かごに入れる

本書の特徴

「月刊消防」で連載していたあの大人気コーナーが、ついに単行本化!!
  • 実際の事例をもとに火災調査書類の書き方を解説しており、具体的かつリアルな内容になっている。
  • 担当になって日が浅い火災調査初心者から、書き方は慣れているがほかの人が書いたものを資料として読みたいと思っているベテランまで、火災調査に携わる人すべてが必読の一冊!

はしがき

火災調査を担当する皆様は、実況見分で、焼けの方向性や焼き状況から出火箇所を推定し、当該箇所から発火源を発掘する作業は興味深く実施されていることと思いますが、その後で、実況見分の結果、関係者への質問に対する供述内容、火災の原因判定等あらゆることを文書にする火災調査書類の作成は、事務量も多く苦労されていることと思います。

そして、火災調査書類の作成については、一朝一夕ではいかず、各書類の作成目的を理解することはもちろん、書類ごとに必要な内容を記載する必要があります。

一方、火災調査を取り巻く環境は、電化製品の進化、生活の多様化から過去に経験のない原因による火災が発生するなどしており、火災調査は複雑多岐にわたっているほか、火災調査書類は、情報公開制度の時代背景、市民の価値観の多様化と過失割合の考え方等により、市民に開示されることや裁判の場においても証拠とされることが増えています。

このように火災調査書類は公開されることを前提として、火災現場の客観的事実を正確に記載するとともに、原因の判定では消防職員としての考察を加え、かつ、整合性のとれた火災調査書類を作成することが大切になります。

そんな中、団塊世代の大量退職を迎え、多くの火災を経験した先輩職員から、火災調査のための現場の見方、火災調査書類の作成について、その技術、方法をどのように受け継いでいくかが課題になっています。

本書は、火災調査書類の書き方について、当研究会が多くの先輩職員から学んだことと、永年火災調査業務で経験してきたことを火災調査の経験が少ない職員へ伝承するため、『月刊消防』で平成18年10月から平成19年11月までに連載した内容に加筆したほか、火災事例の写真をカラーにして、現場の状況をより理解しやすくしました。

読者の皆様の火災調査書類の作成に微力ながら役立てていただければと思います。

最後になりますが、火災現場での実況見分や質問調書を録取する際には、事務的でなく、り災者の立場に立った思いやりのある火災調査を心掛けていただくことをお願いするとともに、読者の皆様の御活躍を祈念いたします。

そして、全国の多くの消防職員が苦労している火災調査に関する内容を取り上げていただき、御指導と御協力をいただいた『月刊消防』及び本書の編集担当者の皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。

平成20年10月

調査実務研究会


目次

  • 第1章 火災調査書類
    • はじめに
    • 火災調査書類
      • 1 火災調査書類の種類
      • 2 火災調査書類の作成目的
        • ・ 火災調査書
        • ・ 火災原因判定書
        • ・ 実況見分調書
        • ・ 質問調書
        • ・ 火災状況見分調書
        • ・ 死者調査書・負傷者調査書
      • 3 火災調査書類の記載項目
        • ・ 火災調査書
        • ・ 火災原因判定書
        • ・ 実況見分調書
        • ・ 質問調書
        • ・ 火災状況見分調書
    • 火災調査書類の様式の例
      • 1 火災調査書
      • 2 火災原因判定書(2・3号処理)
    • 火災調査書類の記載例
      • 1 実況見分調書
      • 2 質問調書
      • 3 火災状況見分調書
      • 4 死者が発生した火災における実況見分の留意事項
      • 5 焼損建物が複数棟認められる火災について(実況見分調書)
    • 火災原因判定書における出火建物の判定の記載例
      • 1 実況見分調書
      • 2 発見者の供述
      • 3 火災状況見分調書
      • 4 結 論
    • おわりに
  • 第2章 火災事例
    • 事例(1) 建物火災(微小火源火災)
      • 1 出火時刻と出火場所
      • 2 り災程度
      • 3 関 係 者
        • ・ 火元者
        • ・ 所有者
        • ・ 通報者
      • 4 実況見分における調査方針
      • 5 現場写真
      • 6 火災調査書類
        • ・ 質問調書
        • ・ 実況見分調書
        • ・ 火災原因判定書
    • 事例(2) 建物火災(電気火災)
      • 1 出火時刻と出火場所
      • 2 り災程度
      • 3 関係者の供述の概要
        • ・ 発見・通報・初期消火者
        • ・ 管 理 者
        • ・ 清掃業者
        • ・ 電気工事会社
      • 4 出火原因
      • 5 火災調査書類
        • ・ 実況見分調書(第1回)
        • ・ 実況見分調書(第2回)
    • 事例(3) 建物火災(ガス燃焼器具)
      • 1 出火時刻と出火場所
      • 2 り災程度
      • 3 関係者の供述の概要
        • ・ 火元者(発見者、初期消火者)
        • ・ 通 報 者
      • 4 出火原因
      • 5 火災調査書類
        • ・ 実況見分調書(第1回)
        • ・ 火災原因判定書
    • 事例(4) 車両火災
      • 1 出火時刻と出火場所
      • 2 り災程度
      • 3 関係者の供述の概要
      • 4 出火車両
      • 5 出火原因
      • 6 火災調査書類
        • ・ 実況見分調書(第1回)
        • ・ 実況見分調書(第2回)
        • ・ 実況見分調書(第3回)
        • ・ 火災原因判定書
  • 参考資料
    • 火災の原因で上位を占める「こんろの使用放置」の火災原因判定書の例
    • 実況見分調書で使用する各材質の燃焼による変化を表現する主な用語
    • 代表的な消防図式記号
    • 屋根の形状
    • 木造住宅の各部の名称
    • 車両の部品名

関連商品
火災調査書類の図面作成塾
編著 火災調査技術向上研究会
B5判
116ページ
本体価格+税1,300円+税
実例火災調査書類
名古屋市消防局 編著
A5判
288ページ
本体価格+税1,700円+税
実例火災調査書類
実例火災調査書類〔車両火災編〕
編著 名古屋市消防局
A5判
120ページ
本体価格+税1,100円+税
火災調査参考図
火災調査参考図−調査に役立つ物品名鑑−
東京消防庁 監修/火災調査研究会 編著
B5判
232ページ
本体価格+税2,400円+税
火災調査ポケット必携
火災調査ポケット必携−現場で役立つ実務資料集−
東京消防庁 監修
A6ポケット判
632ページ
本体価格+税2,300円+税