>> 東京法令トップページ >>消防・防災 >> 危険物 ヒヤリ・ハットケーススタディ
関連分野   消防・防災/危険物  

4訂版

危険物 ヒヤリ・ハットケーススタディ

編著/監修
危険物保安管理研究会 編著
体    裁
B5判  48ページ
本体価格+税
500円+税
 ISBN
ISBN978-4-8090-2437-5
C3043 \500E
発 行 日
平成29年6月15日
4訂版発行
内容現在
平成29年5月1日
内容見本を見る

お買い物かごに入れる

本書の特色

  • ”CASE12 ガソリンの給油” と ”CASE13 車両の誘導”を新たに登載!
  • 危険物取扱い上の参考となるヒヤリ・ハット体験談事例を掲載
  • 注意を怠るとどうなるか?ヒヤリ・ハットしたときはどうすればよいか?多くのイラストを用いてわかりやすく解説!
  • 各事例に対する根拠法令も併せて掲載されているので、企業のコンプライアンスにも最適!
  • 参考資料として、巻末に危険物取扱いに必要な知識を登載

はじめに

地球環境保護対策としてのエネルギーの転換や世界的な経済不況などに伴い、化石燃料の消費量は減少傾向にあり、わが国の石油関連施設等も企業の合併等により統廃合されています。

消防法で規定される危険物施設としてのガソリンスタンドについても最近、施設数が減少傾向にはありますが、火災や漏えいなどの事故件数はあまり変わらず、結果として、一施設あたりの事故発生率は増加しています。

このことは、施設の老朽化と相まって、施設の営業を支えてきたベテラン従業員の大量退職や新人従業員の増加など、働く人の世代交代が急速に進んでいることが大きな要素となっていると言えます。

本書では、私たちの生活を支えているこのような危険物施設で働く方々が、日々直面する小さな危険性に着目し、いくつかの事故事例を掲げて、事故を未然に防ぐためにどのようにすればよいか、法令を併記してわかりやすく解説しました。わが国の危険物施設で働く明日を担う方々の事故防止のお役に立てれば幸いです。

平成29年5月

危険物保安管理研究会


目次

  • CASE1 給油取扱所
  • CASE2 給油取扱所 その2
  • CASE3 セルフスタンドで
  • CASE4 運搬車両
  • CASE5 移動タンク貯蔵所
  • CASE6 一般取扱所(ローリー積場での充填)
  • CASE7 日常の点検による漏洩事故の防止
  • CASE8 製造所での混合・攪拌作業
  • CASE9 廃棄する地下タンク
  • CASE10 給油取扱所における地震時の安全管理
  • CASE11 ガソリン携行缶の使用
  • CASE12 ガソリンの給油
  • CASE13 車両の誘導
  • 参考資料
    • 1 消防法上の危険物の概要
    • 2 消防法上の危険物の品名・性質と指定数量
    • 3 全米防火協会(NFPA)の危険物判定基準
    • 4 全米防火協会(NFPA)の引火性定義等
    • 5 国際海上危険物規程(IMDGコード)の分類、定義(概要)
    • 6 船舶による危険物の運送基準等を定める告示(抜粋)

関連商品
消防法の危険物
東京消防庁 監修
東京消防危険物行政研究会 編
B6判
168ページ
本体価格+税2,000円+税
危険物施設基準の早わかり(1)
東京消防庁/監修
危険物行政研究会/編著
B5判
312ページ
本体価格+税3,200円+税
危険物施設基準の早わかり(2)
東京消防庁 監修
危険物行政研究会 編著
B5判
456ページ
本体価格+税3,800円+税
危険物施設基準の早わかり(3)
東京消防庁 監修
危険物行政研究会 編著
B5判
336ページ
本体価格+税3,200円+税
危険物施設基準の早わかり(4)
東京消防庁 監修
危険物行政研究会 編著
B5判
256ページ
本体価格+税2,600円+税