関連分野   省庁・自治体/地方行政   省庁・自治体/議会   教養/ビジネス  

選ばれる自治体の条件

―政策開発の手法と実践II―

編著/監修
牧瀬 稔
(戸田市政策研究所)
体    裁
A5判  192ページ
本体価格+税
1,800円+税
 ISBN
ISBN978-4-8090-4056-6
C3031 \1800E
発 行 日
平成22年3月31日
初版発行
内容見本を見る

お買い物かごに入れる

本書の特長

「住んでよかった、住み続けたい」「住んでみたい」と人々から評価されるまちづくり(政策開発)の手法とは?

  • 政策を開発していくための調査・研究の手法
    ヒアリング調査、アンケート調査、統計データ分析調査など
  • 自治体政策で活用できる経営分析の手法
    SWOT分析、ロジックツリー、マトリクス分析など
  • 自治体シンクタンク「戸田市政策研究所」が取り組んだ調査・研究の成果
    シティセールス、行政と大学の連携、高齢化対策など
  • 政策形成アドバイザーによるポイント解説
    他の自治体への適用可能性にも言及

編著者のプロフィール

牧瀬 稔
戸田市政策形成アドバイザー、財団法人地域開発研究所研究部研究員
著書に『政策形成の戦略と展開−自治体シンクタンク序説』(東京法令出版)など多数。時事通信社「官庁速報」(ijamp)で「条例探訪」を連載中。
戸田市政策研究所
2008年4月に戸田市政策秘書室内に設置された市長直轄の組織(自治体シンクタンク)。副市長が所長、政策秘書室長が副所長を務める。

はじめに(抜粋)

住民は自分の選好を満足させてくれる自治体に住むことを望む。そして自分の選好を満たしてくれない場合は、その自治体から住民が離れていく。このような行動を起こすことで、住民は自らの意思表明を明確にしていく……

この考えは Tiebou, C.M の「足による投票(voting with your feet)」という概念である。日本においても、この時代が刻一刻と近づいている。

この「足による投票」が現実化すると、住民の福祉を増進する自治体には、ますます住民が増加する。そして、その増加した住民という市場や労働力を求めて企業等も進出してくる。その結果、その自治体はより豊かになり繁栄していく。

一方で、住民が不満を持つ自治体からは、住民が引越(移出)していく。そして住民が減少することで市場としての価値が減退し、労働力を確保できないため企業等も移転していく。その結果、そういう自治体は、ますます衰退していくことになる。

いま求められていることは「選ばれる自治体の条件」である。

ここで記したことは、遠い未来ではない。実は、この「足による投票」は、にわかに現実味を帯びつつある。ちなみに、住民が移動する根拠については、『政策形成の戦略と展開−自治体シンクタンク序説』(牧瀬稔著、東京法令出版)を参照していただきたい。

第吃瑤蓮∪策を開発していくために留意すべき初歩的な事項について言及している。特に執筆者の実体験に基づいて導出した手法であったり、視点や考え方であるため、読者にも貢献すると考える。

第局瑤蓮⊇嗣韻箚覿氾から選ばれる自治体になるための条件について、戸田市を事例にまとめている。今日、人口減少社会においても、戸田市は着実に住民を増加させている。住民を増加させている要因として、東京都心に近いという外的要因も大いに影響していると考えられる。しかし、東京都心に近くても、住民を減少させている自治体は多々ある。

戸田市が住民を増加させている事実は、東京都心に近いという外的要因に加え、戸田市の内的要因である努力によるところが大きい。この点について、具体的に言えば、戸田市は住民や企業等からの「選ばれる自治体」の実現に向けて、よりよい政策を開発しているのである。

特に第局瑤蓮戸田市の政策開発のエッセンスを凝縮している。戸田市の政策開発の営みは、読者にとって、様々な示唆を与えることになると思われる(なお、この手の図書は批判的な見地から読むことを勧めたい。その方が多くの発見があるはずである)。

本書が想定している読者について言及したい。この『選ばれる自治体の条件』は、自治体職員をはじめ、行政の利害関係者のすべてを対象としている。この利害関係者とは、地域住民をはじめ、地方議会の議員であり、事業者であり、NPO団体などである。また、大学や大学院で行政学や行政法、地域政策など、地方自治の周辺領域の学問を学ぶ者にも、本書は貢献するだろう。

本書は、昨年度に出版した『政策開発の手法と実践−自治体シンクタンク「戸田市政策研究所」の可能性−』(牧瀬稔・戸田市政策研究所編、東京法令出版)の続編という位置付けである。

前書同様、戸田市政策研究所と同研究所の政策形成アドバイザーをしている牧瀬稔の共編著である。大きく分けて第吃全体と第局各章の「本章を読み解くための視点」と「本章からの示唆」は牧瀬が執筆し、それ以外の部分は戸田市政策研究所が執筆するという役割分担をとった。

この『選ばれる自治体の条件』が、政策開発を実践していく人たちにとって、何かしらのヒントを提供できたならば幸いである。

平成22年2月

戸田市政策研究所
政策形成アドバイザー 牧瀬 稔


目次

  • はじめに
  • 第吃堯\策開発の進め方
    • 第1章 自治体政策における調査・研究の視点
      • 1 住民福祉の増進に寄与する調査・研究
      • 2 調査・研究の流れ
      • 3 調査・研究の手法
      • 4 自治体政策における調査・研究の視点とは?
    • 第2章 政策開発の基本的視座と手法
      • 1 地方自治体と民間企業の根本的な違い
      • 2 政策開発の視点と具体的手法
      • 3 政策開発の手法を活用する際のポイント
    • 第3章 自学を促す自主勉強会の実践
      • 1 自ら学ぶ時代がやってきた!
      • 2 意外に活発化している自主勉強会
      • 3 自主勉強会のメリット
      • 4 自主勉強会を開催するポイント
  • 第局堯〜ばれる自治体になるための政策開発
    • 第1章 “わがまち”を売り出す―首都近郊都市におけるシティセールス―
      • 政策形成アドバイザーが解説する本章を読み解くための視点
      • 1 2008年度調査研究の概要
      • 2 シティセールスをめぐる概念の整理
      • 3 戸田市における展開の方向性
      • 4 戸田市の地域ブランド戦略
      • 5 今後の展望
      • 政策形成アドバイザーが解説する本章からの示唆
    • 第2章 忍び寄る高齢化の波―急速な高齢化が戸田市に及ぼす影響を考える―
      • 政策形成アドバイザーが解説する本章を読み解くための視点
      • 1 戸田市の人口変動と平均年齢
      • 2 高齢化は戸田市にとって無縁か
      • 3 急速な高齢化が戸田市に及ぼす影響に関する研究
      • 4 2035年の戸田市の姿を視察
      • 5 今後の展望
      • 政策形成アドバイザーが解説する本章からの示唆
    • 第3章 地域へ大学の風を呼び込む―地域に大学がない自治体の取り組み―
      • 政策形成アドバイザーが解説する本章を読み解くための視点
      • 1 戸田市における大学連携の現状
      • 2 大学及び市民に対するアンケート調査
      • 3 戸田市における大学連携に関する取り組みの可能性
      • 4 今後の展望
      • 政策形成アドバイザーが解説する本章からの示唆
    • 第4章 2020年度税収予測―マンション立地と法人転出の関係を読み解く―
      • 政策形成アドバイザーが解説する本章を読み解くための視点
      • 1 戸田市の市税概要
      • 2 戸田市の工業の現状
      • 3 自治体の企業誘致施策
      • 4 2020年度の市税シミュレーション
      • 5 今後の展望
      • 政策形成アドバイザーが解説する本章からの示唆
    • 第5章 自治体広告事業の可能性―導入期から成長期への展開手法を考察する―
      • 政策形成アドバイザーが解説する本章を読み解くための視点
      • 1 広告とは
      • 2 自治体広告事業をめぐる現状
      • 3 自治体広告事業の課題
      • 4 先進市(横浜市)の事例
      • 5 戸田市が取り入れるべき広告事業とは
      • 6 広告事業を効果的に運用するために
      • 7 今後の展望
      • 政策形成アドバイザーが解説する本章からの示唆
    • 第6章 団塊の世代を地域に呼び戻すヒント―新たな担い手発掘を目指して―
      • 政策形成アドバイザーが解説する本章を読み解くための視点
      • 1 地域回帰する団塊世代
      • 2 変わる中高年の意識
      • 3 団塊の世代が地域デビューするための方向性を検討する
      • 4 今後の展望
      • 政策形成アドバイザーが解説する本章からの示唆
  • おわりに
  • 執筆者一覧

関連商品
政策開発の手法と実践
政策開発の手法と実践−自治体シンクタンク「戸田市政策研究所」の可能性−
牧瀬 稔/
戸田市政策研究所
A5判
272ページ
本体価格+税2,200円+税
政策形成の戦略と展開
政策形成の戦略と展開〜自治体シンクタンク序説〜
牧瀬 稔
A5判
208ページ
本体価格+税2,000円+税
人口減少時代における地域政策のヒント
牧瀬 稔
中西 規之
A5版
256ページ
本体価格+税2,200円+税
シティプロモーション
シティプロモーション〜地域の魅力を創るしごと〜
河井 孝仁
A5判
264ページ
本体価格+税2,200円+税