関連分野   消防・防災/救急  

超カンタン!

解剖生理

編著/監修
玉川 進(旭川医療センター) 監修
炭谷 貴博(南宗谷消防組合中頓別支署) 著
体    裁
B5判  264ページ
本体価格+税
1,900円+税
 ISBN
ISBN978-4-8090-2369-9
C3047 \1900E
発 行 日
平成25年7月15日
初版発行
内容現在
平成25年4月1日
内容見本を見る

お買い物かごに入れる

本書の特色

本邦初!超カンタンな解剖生理の本ができました。この商品は、誰もが楽しく解剖生理を学べるように、「イラストは豊富に、文字は少なめに」をコンセプトに作っています。医学知識が全くなくても、豊富なイラストと易しい解説でどんどん読むことができます。全ての基礎は解剖生理から。当商品で解剖生理をマスターし、救急医学の学習を進めましょう。


はじめに

医療に関して全くの素人であった私が約10年前、救急救命士の資格を取るために、医療の勉強をすることになりました。何から勉強を始めたらいいか迷っていた私に、先輩たちは「人の体のことを理解するには解剖生理が基本」と教えてくれました。「そうか。初めに解剖生理を覚えよう」と思い、本を開いたのですが、難しい漢字や言葉が多く、おまけに丸暗記する気にもならないくらいの分量がありました。これは時間がいくらあっても足りないなあと尻込みしたのですが、覚えなければ合格できません。試行錯誤して勉強を続けるうち、自分に合った勉強法を見つけました。それは人の体を「イメージ」することです。体のある部分のことを説明するのに、文章にすると結構な文字数になるのですが、図やイラストを使ってそのことをイメージできれば理解しやすく短時間で覚えられることが分かりました。

そんな苦労話を、以前から救急隊員向け勉強会でお世話になっている旭川医療センターの玉川進先生に話していたら、「解剖生理をイメージできる本を作ってみよう」ということになり、以前からお世話になっている東京法令出版の浅野優香さんに伝えたところ、企画が通りました。早速執筆者を募り、第1回目の編集会議を開いて……と、ここまでは順調だったのですが、いざ書き始めると同じ内容の本が出版されていたり、企画の方向性を見失い路頭に迷ったりといろいろな困難にぶつかり、気付けば企画を立ち上げてから3年の月日が過ぎていました。その困難を乗り越え、ようやく出版できたのが本書です。

本書は、全くの素人の方が医療の仕事を目指すために必要な解剖生理を楽しく学べるように「イラストは豊富に、文字は少なめに」を基本コンセプトに作成しました。医療の仕事には欠かせない解剖生理ですが、苦手意識を持っている方は少なくないと思います。少しでも苦手意識を解消して学習の一助としていただけると幸いです。

本書の作成に当たり、監修を引き受けていただいた旭川医療センターの玉川進先生、企画を通していただいた東京法令出版の浅野優香さん、そして大量のイラストを書き上げていただいた旭川美術研究所の下里美鶴さんと平野瑠唯さんには、大変お世話になりました。また、企画にご協力いただいた沼田一成さん、加藤康史さん、有働裕妃さん、仲島勇二さんにもこの場をお借りして感謝を申し上げます。

平成25年7月

南宗谷消防組合中頓別支署 炭谷 貴博


目次

  • 第1章 人体の名称
    • 機仝饗
    • 供/搬里量松
    • 掘ゞ間の表現
  • 第2章 細胞・組織・器官・系   
    • 機〆挧
      • A 仕組み
        • 1 細胞膜
        • 2 核
        • 3 ミトコンドリア
        • 4 粗面小胞体
        • 5 滑面小胞体
        • 6 ゴルジ装置
        • 7 リソソーム
        • 8 中心体
      • B 働き
        • 1 細胞分裂
        • 2 放出と吸収
        • 3 信号伝達
    • 供〜反
      • A 上皮組織
      • B 支持組織
      • C 筋組織
      • D 神経組織
    • 掘ヾ鏨院Ψ
  • 第3章 器官
    • 機仝撞朶鏃
      • A 仕組み
        • 1 気道
        • 2 鼻腔
        • 3 口腔
        • 4 咽頭
        • 5 喉頭
        • 6 気管・気管支
        • 7 胸郭
        • 8 肺
      • B 働き
        • 1 気道
        • 2 呼吸運動
        • 3 ガス交換
      • C 病気
        • 1 気道閉塞(窒息)
        • 2 喘息
        • 3 気胸
        • 4 肺塞栓
        • 5 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
    • 供―朶調鏃
      • A 仕組み
        • 1 血液の流れ
        • 2 心臓
        • 3 脈管
      • B 働き
        • 1 心臓
      • C 病気
        • 1 不整脈
        • 2 狭心症
        • 3 急性心筋梗塞
        • 4 心タンポナーデ
        • 5 大動脈解離
        • 6 心不全
        • 7 出血
        • 8 ショック
        • 9 心停止
    • 掘‐嘆輯鏃
      • A 仕組み
        • 1 口
        • 2 食道
        • 3 胃
        • 4 小腸
        • 5 大腸
        • 6 肝臓
        • 7 胆嚢
        • 8 膵臓
      • B 働き
        • 1 消化
        • 2 吸収
        • 3 貯蔵
        • 4 解毒・排出
        • 5 合成
      • C 病気
        • 1 肝硬変
        • 2 食道静脈瘤
        • 3 マロリー・ワイス症候群
        • 4 消化管穿孔
        • 5 虫垂炎
        • 6 イレウス
    • 検/牲亰
      • A 仕組み
        • 1 基本構造
        • 2 脳
        • 3 脊髄
        • 4 末梢神経
      • B 働き
        • 1 細胞内での刺激伝達
        • 2 細胞間での刺激伝達
        • 3 脳との刺激伝達
        • 4 脳の循環と代謝
      • C 病気
        • 1 意識障害
        • 2 脳血管障害(脳卒中)
        • 3 髄膜炎
        • 4 脊髄損傷
    • 后ヾ恭亟鏃
      • A 仕組みと働き
        • 1 目
        • 2 耳
        • 3 鼻
        • 4 舌
        • 5 皮膚
        • 6 深部感覚
      • B 病気
        • 1 熱傷(やけど)
    • 此〃豈奸β留
      • A 仕組み
        • 1 血液
        • 2 体液
        • 3 脾臓
      • B 働き
        • 1 酸塩基平衡
        • 2 浸透圧
        • 3 免疫
      • C 病気
        • 1 アレルギー
    • 察々・筋肉
      • A 仕組み
        • 1 骨
        • 2 筋肉
      • B 働き
        • 1 骨
        • 2 筋肉
      • C 病気
        • 1 骨折
        • 2 アキレス腱断裂
        • 3 ねんざ
    • 次‘睚泌系
      • A 仕組み
      • B 働き
        • 1 ホルモン分泌
        • 2 神経とホルモンの比較
        • 3 フィードバック機構
      • C 病気
        • 1 糖尿病
        • 2 甲状腺機能亢進症・低下症
    • 宗“臟器系
      • A 仕組み
        • 1 腎臓
        • 2 尿管
        • 3 膀胱
        • 4 尿道
      • B 働き
        • 1 尿を作る
        • 2 尿を排泄する
        • 3 その他
      • C 病気
        • 1 腎不全
        • 2 尿管結石
    • 勝\舷4鏃
      • A 仕組み
        • 1 男性
        • 2 女性
      • B 働き
        • 1 精子形成
        • 2 性周期と排卵
        • 3 妊娠
        • 4 遺伝
      • C 病気
        • 1 異所性妊娠(子宮外妊娠)
        • 2 流産
        • 3 胞状奇胎
        • 4 前置胎盤
        • 5 常位胎盤早期剥離
        • 6 弛緩出血
  • 付録〈読みにくい漢字〉
  • 執筆者紹介

関連商品
救急手技の基本とポイント
救急手技の基本とポイントガイドライン2015対応
玉川 進 編著
B5判 オールカラー
160ページ
本体価格+税2,400円+税
救急現場のケーススタディ
救急現場のケーススタディ〜見逃しを回避するためのワンポイントレッスン〜
玉井 文洋
(大分三愛メディカルセンター救急科 部長)
東岡 宏明
(静岡済生会総合病院 救命救急センター長)
B5判
128ページ
本体価格+税2,400円+税
救急技術マニュアル
救急業務研究会 編著
B5判
272ページ
本体価格+税3,800円+税
消防職員のためのトリアージ
監修/高橋 功(手稲渓仁会病院救命救急センター長)
編集/玉川 進(国立病院機構旭川医療センター病理診断科)
B5判オールカラー
184ページ
本体価格+税2,500円+税
E.M.T Support Book
監修/山本保博(日本医科大学救急医学名誉教授)、石原哲(東京曳舟病院名誉院長)
編集/公益財団法人東京防災救急協会
ポケットサイズ(外寸:140mm×80mm)
ダブルリング製本
オールカラー
118ページ
本体価格+税2,300円+税