>> 東京法令トップページ >>消防・防災 >> 大隊長の指揮要領
関連分野   消防・防災/警防  

大隊長の指揮要領

統括指揮の体系・モデル化

編著/監修
監修 東京消防庁
体    裁
B5判  196ページ
本体価格+税
1,800円+税
 ISBN
ISBN978-4-8090-2409-2
C3030 \1800E
発 行 日
平成28年7月5日
初版発行
内容見本を見る

お買い物かごに入れる

本書の特色

  • これまでなかった、現場の最高責任者となる大隊長向けの教養図書。
  • 現場活動の方針を決め、命令を下す大隊長は、責任が重大な立場にある。
  • 場合によっては、炎上している建物内に救助のために隊員を突入させる決断など、生死に関わる重要な決断を時間の猶予なく行わなければならない。
  • 本書は、現場の指揮をわかりやすく体系化、モデル化し、大隊長としてその責任重大な判断を瞬時に的確にできるように導く必読書である。

緒言

近年、火災件数、延焼火災の減少傾向の中で、各級指揮者の指揮能力及び隊員の活動能力の維持、向上が課題となっています。

大隊長には、指揮本部長としての専門的な高い知識、技術とともに、豊かな経験に裏打ちされた判断力と統率力が強く求められます。この能力は、経験知であり一朝一夕に向上を図ることが困難であることから、大隊長の知識、技術の伝承を難しくしています。

一般に、経験知は体系化、モデル化することによって、新任者等を短期間である程度まで戦力化するのに有効です。また、早期に一定のレベルまで到達させることにより、更に難しい課題にチャレンジし、難しい部分に気づき、それを身に付けることにより能力の向上を図ることができるといわれています。消防活動基準(要領)等は、過去における消防活動の経験則を体系化したものです。同様に、大隊長の指揮要領(ノウハウ)も、多くの火災事例、教訓等を基に体系化し、モデル化することによって、先人の多くの経験等を効果的に生かすことができます。

本書は、新任の大隊長及び大隊長を目指す者への、大隊長業務の理解深化を支援し、啓発を誘導して、更には大隊長としての能力アップに挑戦させることを目標としたものです。そのため、理解しやすいように木造、防火造建物火災及び耐火造建物火災に対象を絞って、出場から現場引揚げまでの基本的な業務及び指揮対応等について、できる範囲で体系化、モデル化を図りました。第1章「大隊長の責務」では、大隊長の業務全体像を分かりやすく説明し、第2章から第5章では、大隊長の指揮対応を「出場途上及び現場到着時の措置」「指揮本部の運営」「人命検索、救助及び消火活動の統括指揮」「現場管理の統括指揮」に分けて、状況判断、指揮対応等のポイントを説明しています。

本書が、新任の大隊長及び大隊長を目指す人、更には大隊長の能力アップに、少しでも役立てばと願うものであります。


目次

  • 第1章 大隊長の責務
    • 第1節 大隊長の任務
      • 第1 指揮本部長としての任務
        • 1 消防活動体制の早期確立
        • 2 出場部隊、指揮本部の統括指揮
        • 3 火災現場の管理
      • 第2 指揮隊(大隊長)に求められる能力
        • 1 出場途上の措置能力
        • 2 現場到着時の措置能力
        • 3 統括指揮能力
        • 4 指揮本部の運営能力
        • 5 現場管理能力
    • 第2節 指揮本部長補佐の任務
      • 第1 指揮権移行時の大隊長の任務
        • 1 上位指揮者現場到着時の措置
        • 2 統括指揮の補佐
        • 3 指揮本部運営の補佐
      • 第2 情報指揮隊長の任務
        • 1 迅速な情報収集と処理体制の確立
        • 2 報道発表への対応
      • 第3 応援指揮隊長の任務
        • 1 局面の指揮
        • 2 前進指揮所担当隊長の指揮
      • 第4 安全管理担当隊長の任務
        • 1 安全監視体制の早期確立等
        • 2 危険回避措置の要請、助言等
  • 第2章 出場途上及び現場到着時の措置
    • 第1節 出場途上の措置
      • 第1 出場部隊の把握
        • 1 救助指定中隊等の確認
        • 2 出場隊の遅延報告等の確認
      • 第2 出場火災の危険性の推定等
        • 1 出場火災の危険性の推定
        • 2 火災建物の危険性の推定
      • 第3 危険性の周知と途上命令
        • 1 異常気象時における消防活動の重点と危険性の周知等
        • 2 危険区域等における消防活動の重点と危険性の周知等
        • 3 警防計画等樹立対象における消防活動の重点と危険性の周知等
        • 4 建物火災における消防活動の重点と危険性の周知等
      • 第4 現場到着直前の措置
        • 1 指揮隊員の任務等の再確認
        • 2 現場接近時の携帯無線の受信
    • 第2節 現場到着時の措置
      • 第1 火災実態等の把握
        • 1 火点一巡による火災実態の把握
        • 2 救助指定中隊長からの報告聴取
        • 3 関係者等からの情報収集
        • 4 効率的な情報活動の指揮
      • 第2 状況判断
        • 1 状況判断の基本
        • 2 延焼危険の判断
        • 3 人命危険の判断
        • 4 活動(作業)危険の判断
      • 第3 活動方針及び指揮対応
        • 1 火災初期の指揮対応
        • 2 人命危険の態様と活動方針及び指揮対応
        • 3 木造、防火造建物火災の延焼危険の態様と活動方針及び指揮対応
        • 4 耐火造建物火災の延焼危険の態様と活動方針及び指揮対応
        • 5 現場到着時に活動(作業)危険がある場合の活動方針及び指揮対応
      • 第4 応援要請
        • 1 第二出場の応援要請
        • 2 指揮隊の応援要請
        • 3 特殊車(隊)、資器材等の応援要請
        • 4 飛火警戒隊の応援要請
        • 5 その他の応援要請
  • 第3章 指揮本部の運営
    • 第1節 指揮本部運営の管理
      • 第1 指揮本部の設置等
        • 1 指揮本部の設置
        • 2 指揮本部設置時のポイント
        • 3 指揮本部機能の強化
      • 第2 火災初期、中期、後期の指揮本部運営
        • 1 火災初期の指揮本部運営
        • 2 火災中期の指揮本部運営
        • 3 火災後期の指揮本部運営
      • 第3 二次、三次火災等への指揮本部対応
        • 1 二次、三次火災等への対応
        • 2 転戦下命及び指揮本部指揮隊の出場
    • 第2節 情報指揮隊、応援指揮隊との連携
      • 第1 情報指揮隊との連携
        • 1 情報指揮隊への任務付与
        • 2 情報指揮隊の活動管理
        • 3 指揮本部の報道対応
      • 第2 応援指揮隊との連携
        • 1 応援指揮隊への任務付与等
        • 2 応援指揮隊の活動管理
  • 第4章 人命検索、救助及び消火活動の統括指揮
    • 第1節 人命検索、救助活動の統括指揮
      • 第1 逃げ遅れ者情報がない場合の人命検索活動の指揮
        • 1 火点室の人命検索活動を重点
        • 2 人命検索活動の管理
      • 第2 逃げ遅れ者情報がある場合の人命検索活動の指揮
        • 1 人命検索活動体制の早期確立
        • 2 人命検索、救助活動の指揮
      • 第3 救助活動の指揮(ベランダ、窓等に逃げ遅れ者)
        • 1 救助活動に部隊を集中
        • 2 救助活動体制の早期確立
    • 第2節 消火活動の統括指揮
      • 第1 木造、防火造建物火災の消火活動の統括指揮
        • 1 即鎮圧火災の指揮
        • 2 周囲建物に延焼危険がない場合の消火活動の指揮
        • 3 周囲建物に延焼危険がある場合の消火活動の指揮
        • 4 複数棟に延焼拡大している場合の消火活動の指揮
        • 5 隣接耐火造建物への延焼阻止の指揮
      • 第2 耐火造建物火災の消火活動の統括指揮
        • 1 火点が不明な場合の指揮
        • 2 ダクト火災時の消火活動の指揮
        • 3 延焼火災時の消火活動の指揮
      • 第3 残火処理活動の統括指揮
        • 1 効果的な残火処理
        • 2 再出火防止等
        • 3 残火処理時の受傷事故の防止
  • 第5章 現場管理の統括指揮
    • 第1節 安全管理の統括指揮
      • 第1 活動(作業)危険の早期把握
        • 1 活動(作業)危険の予知、予測
        • 2 火災現場の安全監視体制の確立
      • 第2 活動環境に起因する活動(作業)危険の回避措置
        • 1 倉庫等の進入危険への対応
        • 2 モルタル壁等の落下危険への対応
        • 3 床落下、床抜け危険への対応
        • 4 火点建物等の倒壊危険への対応
        • 5 毒・劇物等の二次災害発生危険への対応
        • 6 LPガスボンべの爆発危険等への対応
      • 第3 消防活動に起因する活動(作業)危険の回避措置
        • 1 消防活動上注意を要する場所での危険回避措置
        • 2 不安全行動等による活動(作業)危険の回避措置
        • 3 消防活動要領等の不理解による活動(作業)危険の回避措置
    • 第2節 リスク管理の統括指揮
      • 第1 リスク管理の心構え
        • 1 リスク管理への取組
        • 2 苦情等の未然防止と発生時の対応
      • 第2 リスク事案への指揮対応
        • 1 水損防止への指揮対応
        • 2 物損防止への指揮対応
        • 3 住民、通行人等の受傷事故防止への指揮対応
        • 4 職員の重大な事故発生時の指揮対応
        • 5 その他のリスク管理への指揮対応
  • 別添 大隊長(指揮隊)の指揮対応チェック表

関連商品
指揮隊の活動要領
指揮隊の活動要領現場が求める実用知識
監修 東京消防庁
B5判
178ページ
本体価格+税1,700円+税
中小隊長の活動要領
中小隊長の活動要領専門知識と技術の伝承
東京消防庁 監修
B5判
136ページ
本体価格+税1,800円+税
訓練指導マニュアル
訓練指導マニュアル訓練指揮者が求める実用知識
東京消防庁 監修
B5判
208ページ
本体価格+税2,000円+税
安全管理
安全管理受傷事故の科学的分析と再発防止
監修 東京消防庁
B5判
192ページ
本体価格+税1,800円+税
木造建築物の火災特性を踏まえた消防活動の安全管理対策
編集 全国消防長会
協力 東京消防庁
発行 財団法人 全国消防協会
B5判 DVD付
96ページ
本体価格+税1,905円+税