>> 東京法令トップページ >>警察・司法 >> イラスト解説 刑訴法
関連分野   警察・司法/昇任試験   警察・司法/刑事  

実務 SAに強くなる!!

イラスト解説 刑訴法

編著/監修
ニューウェーブ昇任試験対策委員会 著
体    裁
A5判  360ページ
本体価格+税
2,500円+税
 ISBN
ISBN978-4-8090-1347-8
C3032 \2500E
発 行 日
平成28年8月20日
内容現在
平成28年8月1日
内容見本を見る

お買い物かごに入れる

本書の特色

  • 「イラスト擬律」でおなじみ!昇試にも実務にも

    あのキャラクターたちと、今度は、基本のキから体系的に刑訴法を学ぼう
    • 本文に対応して、親しみやすいイラストが多数掲載。
    • とっつきにくい解説文も、イラストとセットで覚えることで、記憶に残りやすい!
    • 初学者はもちろん、ベテランの方まで広くご活用いただけます。

この本のあらまし

あらまし(1)あらまし(2)あらまし(3)あらまし(4)あらまし(5)あらまし(6)

目次

  • 第1章 捜査の端緒
    • 1 告訴
      • (1)意義
      • (2)「犯罪事実の申告」の意義
      • (3)「処罰希望の意思表示」の意義
      • (4)告訴の効力
      • (5)告訴ができる者(告訴権者)
      • (6)告訴の方式
      • (7)代理人による告訴の取消し
      • (8)親告罪の告訴
      • (9)告訴の期間とは
      • (10)告訴の取消しと再告訴の禁止
      • (11)告訴不可分の原則
    • 2 告発
    • 3 自首
      • (1)自首の意義
      • (2)自首の要件
      • (3)自首の方式
  • 第2章 任意捜査
    • 1 任意捜査の原則とは
    • 2 任意同行
      • (1)任意同行の意義
      • (2)適法性の判断(任意同行と実質的な逮捕との区別)
      • (3)任意同行の実務上の留意点
    • 3 取調べ
      • (1)被疑者の取調べとは
      • (2)取調べの心構え
      • (3)虚偽の自白
      • (4)共犯者の取調べ
      • (5)供述拒否権の告知
      • (6)裁判員裁判の対象事件における取調べの録音・録画
    • 4 照会
      • (1)照会には、必ず応じなければならないのか
      • (2)通信の秘密による照会の制限
      • (3)個人情報保護法により照会の回答を拒否できるか
    • 5 実況見分
      • (1)実況見分とは
      • (2)実況見分で気をつけること
    • 6 領置
      • (1)領置の意義
      • (2)遺留物の領置の方法
      • (3)領置するときの任意提出権権者は誰か
    • 7 写真撮影
      • (1)任意捜査として、写真撮影はできるか
      • (2)最高裁の考え方と変遷
      • (3)捜索・差押えの際の写真撮影について
  • 第3章 逮捕
    • 1 通常逮捕
      • (1)通常逮捕とは
      • (2)通常逮捕の実質的要件
      • (3)通常逮捕の形式的要件
      • (4)逮捕状の請求方法
      • (5)逮捕状請求書の記載に当たっての留意事項
      • (6)通常逮捕の方法
    • 2 緊急逮捕
      • (1)緊急逮捕の実質的要件
      • (2)緊急逮捕の形式的要件
      • (3)緊急逮捕の手続
    • 3 現行犯逮捕
      • (1)現行犯人の意義
      • (2)準現行犯人
      • (3)軽微犯罪と現行犯逮捕
      • (4)私人による現行犯逮捕
    • 4 再逮捕
      • (1)逮捕状による再逮捕の可否
      • (2)一罪一逮捕の例外
  • 第4章 逮捕後の手続
    • 1 引致とは
      • (1)意義
      • (2)「直ちに……引致しなければならない」の「直ちに」とは
    • 2 引致後の手続
      • (1)意義
      • (2)犯罪事実の告知
      • (3)弁護人選任権の告知
      • (4)弁解の機会の付与
      • (5)弁解録取書の作成
      • (6)留置要否の判断
      • (7)送致
    • 3 勾留
      • (1)勾留とは
      • (2)勾留状の請求手続
      • (3)勾留期間
      • (4)勾留状の執行
      • (5)勾留の執行停止とは
      • (6)勾留の取消し
    • 4 接見交通
      • (1)弁護人の選任
      • (2)弁護人及び弁護人となろうとする者との接見交通
      • (3)捜査機関による接見指定
      • (4)弁護人等以外の者との接見交通
  • 第5章 捜索・差押え
    • 1 捜索・差押えとは
    • 2 令状による捜索・差押え
      • (1)令状請求の要件
      • (2)令状の請求手続
      • (3)令状の執行手続
    • 3 令状によらない捜索・差押え
      • (1)令状(捜索差押許可状)によらない捜索・差押えとは
      • (2)令状によらない捜索・差押えが認められている理由
      • (3)「令状による場合」と「令状によらない場合」の手続の違い
      • (4)逮捕するための被疑者の捜索
      • (5)逮捕の現場における捜索・差押え
  • 第6章 押収物の措置
    • 1 押収物の保管
      • (1)「押収物」とは
      • (2)保管に当たっての注意義務
      • (3)押収物の送致(送付)
    • 2 押収物の廃棄処分
      • (1)廃棄処分できる物
      • (2)廃棄処分の手続
    • 3 押収物の換価処分
      • (1)換価処分できる物
      • (2)換価処分の方法・手続
    • 4 還付
      • (1)還付の意義
      • (2)還付の判断基準
      • (3)還付は誰にするのか
      • (4)還付先の原則と例外
      • (5)被害者還付を詳しく勉強しよう
    • 5 仮還付
      • (1)仮還付の手続
      • (2)仮還付中の押収の効力
    • 6 所有権放棄
  • 第7章 検証、身体検査、鑑定
    • 1 検証
      • (1)検証とは
      • (2)令状による検証
      • (3)令状によらない検証
      • (4)検証と必要な処分
    • 2 身体検査(人の身体に対する強制処分)
      • (1)検証としての身体検査
      • (2)鑑定としての身体検査
      • (3)身体に対する捜索
      • (4)身体の拘束を受けている被疑者の身体検査
    • 3 強制採尿・強制採血
      • (1)強制採尿
      • (2)強制採血
    • 4 鑑定
      • (1)鑑定とは
      • (2)必要な処分
      • (3)「鑑定処分許可状」の請求
      • (4)「鑑定処分許可状」の要否

関連商品
イラストでわかりやすい擬律判断・刑事訴訟法
ニューウェーブ昇任試験対策委員会
A5判
400ページ
本体価格+税2,600円+税
NEW トライアングル学習 〔刑事訴訟法〕
受験対策研究会 編著
新書判
208ページ
本体価格+税1,100円+税
警察官のための刑事訴訟法講義
津田 隆好(警察庁生活安全局生活経済対策管理官) 著
A5判
304ページ
本体価格+税2,100円+税
調査官トラさん式 決定版 昇任試験完全攻略 〔第2版〕
調査官トラさん式 決定版 昇任試験完全攻略 〔第2版〕―SA・論文・面接試験 得点UPの秘訣―
刑法食堂プロジェクト 編
A5判
368ページ
本体価格+税1,436円+税