>> 東京法令トップページ >>消防・防災 >> 危険物法令の早わかり
関連分野   消防・防災/消防行政   消防・防災/危険物  

11訂版

危険物法令の早わかり

編著/監修
神戸市消防局予防部査察課 監修
体    裁
A4判  224ページ
本体価格+税
2,400円+税
 ISBN
ISBN978-4-8090-2413-9
C3032 \2400E
発 行 日
平成28年8月1日
11訂版発行
内容現在
平成28年6月1日
内容見本を見る

ただいま改訂中です
発行予定 / 12月予定

本書の特長

  • 危険物関係の実務に必須!!
    • 改正項目がひと目で分かる、位置・構造・設備早見表が充実!
    • 改正の概要を項目ごとにまとめて、わかりやすく解説!

11訂版の主な改訂内容

  • 「圧縮水素充填設備設置給油取扱所」の位置・構造・設備の基準に関する早見表を追加。
  • 適用法令の検索しやすさを考慮し、「製造所等の形態別適用法令早見表」を追加。
  • 平成25〜26年の危険物の規制に関する政省令等の改正概要を追加。

11訂版の発刊にあたり

平成2年に初版を発刊してから早くも二十余年が経過しました。この間には、国内外を取り巻く社会経済状況は大きく変化し、国際化が一層推進され、平成7年からは、各分野にわたって規制緩和が大きく推進されました。

危険物関係法令においても、安全性を確保しつつ、科学技術の進展に対応した様々な規制の見直しが行われてきました。その結果、主なものとして、平成10年の有人式セルフ給油所の登場、平成14年には引火点の高いものが危険物から除外されるなどの見直しが実施されました。さらに、危険物施設の構造基準は、従来の仕様規定から性能規定化への動きが進んでおります。

平成7年には阪神・淡路大震災、平成23年には東日本大震災に遭遇し、危険物施設においても地震、津波による施設の倒壊、それに伴う火災等、多数の被害が発生いたしました。これらの地震による教訓として、危険物施設の耐震基準の見直しも行われました。

また、危険物施設の老朽化・取り扱いの不注意などによる、危険物に関連した大規模な事故が各地において発生しており、これらの事故の背景には、ベテラン従業員の退職に対応した人材育成や技術の伝承の重要性が指摘されています。

本書は、こうした現状を反映しつつ、消防法令の動きを中軸にして、日頃の危険物の保安事務に携わる人たち、危険物関連事業所の管理者・危険物保安監督者や消防関係者に危険物法令の概要についての理解を一層深めていただくことを念頭に作成したものです。

危険物関連業務に関し、本書を幅広くご活用いただければ幸いです。

平成28年7月


目次

  • 1 消防法の改正概要(昭和63年改正)
  • 2 消防法の改正概要(危険物規制事務関連改正)
  • 3 危険物の規制に関する政令の一部改正(昭和63年改正)
  • 4 位置、構造及び設備等の改正の概要(昭和63年改正)
  • 5 危険物の規制に関する政省令等の一部改正等(平成元年から平成24年までの改正)
  • 6 危険物の規制に関する政省令等の一部改正(平成25・27・28年改正等)
  • 7 製造所等の位置・構造・設備早見表(11訂版)
    • 製造所等の形態別適用法令早見表
    • 製造所・一般取扱所
    • 屋内貯蔵所
    • 屋外タンク貯蔵所
    • 屋内タンク貯蔵所
    • 地下タンク貯蔵所
    • 簡易タンク貯蔵所
    • 移動タンク貯蔵所
    • 屋外貯蔵所
    • 給油取扱所
    • 販売取扱所
    • 消火設備・警報設備一覧表
  • 〈参考〉 危険物取扱者免状に関する事項

関連商品
危険物施設基準の早わかり(1)
東京消防庁/監修
危険物行政研究会/編著
B5判
312ページ
本体価格+税3,200円+税
危険物施設基準の早わかり(2)
東京消防庁 監修
危険物行政研究会 編著
B5判
464ページ
本体価格+税3,800円+税
危険物施設基準の早わかり(4)
東京消防庁 監修
危険物行政研究会 編著
B5判
256ページ
本体価格+税2,600円+税
危険物技術基準の解説
危険物技術研究会 編著
B5判
360ページ
本体価格+税3,400円+税
危険物六法
危険物法令研究会 編
A5判
928ページ
本体価格+税2,500円+税