Valiant2003.11月号

 スポーツの秋です。今年も愚息の幼稚園の運動会と重なってしまったため、社員旅行に行きそびれてしまいました。社員の親睦に水を差してしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、自他ともに認める「息子ファン」にとって、こればかりは仕方がありません。
 さて、その愚息の運動会ですが、普段から体育指導を行っているスポーツクラブが運営のバックアップをしているということもあり、たまたま前日に観た友人の娘さんが通う小学校の運動会よりもずっといいものだったように感じられました。さすがプロの仕事、と感心させられる具体的な場面も多く、「かけっこのスタートでフライングを大目に見ない」、「順位認定を覆さない」、「種目と種目のインターバルが短い」が印象的でした。
 愚息のちゅうりっぷ組がクラス対抗リレーで見事優勝したこともあり、ママたちは盛り上がり、「吊り橋効果」でますます父母会の親睦も深まったことでしょう。
 私、校正依頼を二件忘れ、「プロの仕事をせねば」、と反省しきりです。(M)