Valiant2003.12月号

「仕事第一人間と呼ばれて嫌がるな、社長をさけるな、命令されたら「なぜ」と聞くな、「疲れた」と言うな…?」という帯のコピーに惹かれ、「平成版サラリーマンのタブー117」という本をめくってびっくり。「まさか自分は」との思いが、日々せっせと犯しているタブーとの出会いで無惨に砕かれてしまいました。
「靴を脱ぐときに、靴をそろえることは大切だが、そのために後ろ向きになって靴を脱いではいけない。靴は前向きで脱ぎ、手でそろえられる人になれ――後ろ向きで脱ぐ人は万事においてだらしなく、要領を得ず、信用がなく……」
理由まで読んでかなり落ち込んでしまいましたが、「しかしただ一つ、手でそろえることさえできれば、すべての欠点は一瞬にしてなくなるであろう」という結びで救われたような気がします。
「横着するな」、「小さいことをおろそかにするな」ということだと思いますが、皆さん、お心当たりはありませんか?
私、その日から靴は手でそろえるようにしました。姿勢は「前向き」です。(M)