Valiant2004.7月号

 猫の糞に悩まされていた我が家の軒下。散布して犬や猫が嫌うにおいをつけ、「ここは嫌な場所だ」というイメージを刷り込む木酢(もくさく)液や、それと同じにおいが付いている「犬猫撃退プレート」を駆使し、何とか撃退に成功しました。
 最近、ランドセルに防犯グッズを付けた小学生をよく見かけますが、犯行に及ぼうとする人間に「嫌だな」と感じさせる効果があることは間違いないでしょう。
 「あいさつがきちんとできる子になってほしい」と親はよく言いますが、それは、「明るくきちんとしたあいさつが行われている環境では、間違ったことは起こりにくいはず」と、無意識に考えているからでもあり、普段見掛けない人に、「どちらまで?」などと声を掛けるのと同様、実際に「あいさつがきちんとできる子」は、あいさつそのものがもつ悪に対する抑止力に守られていると言えます。
 正しい抑止力。今、社会全体がその必要性を増しているのではないでしょうか。  私、社内の抑止力、「伺書」「届出書」などと、日々奮闘しています。  (M)