Valiant2005.2月号

元競泳日本代表・タレント
岩崎恭子 さん
「今まで生きてた中で、一番幸せです!」1992(平成4)年夏のバルセロナ五輪。金メダルを高く掲げて涙声で話した14歳の少女。あどけなく、そしてかわいい表情は世界中の人々の感動を呼んだ。あれから12年余。美少女アスリートは“大人の女性”に。タレントとして、また多方面で活躍中である。金メダリストの頃を振り返り、これからの夢をじっくり話していただいた。
取材・文/檜 野里夫
写真/岩崎和雄