Valiant2006.2月号

作家
飯塚 訓(いいづか・さとし) さん
警察をテーマにした小説や映画、テレビドラマは多い。そこには人間たちの本性が表されているからだろう。
作家・飯塚訓さんは、警察官を退官され作家になった。飯塚さんの描く物語には、現場に携わってきた人間が持つ温かさ、そして警察官への愛情が伝わってくる。「後輩のために、先輩刑事たちの哲学を書き残さなくては」とペンを執った飯塚さんの熱い思いをお聞きした。
取材・文/外山準一
写真/井上博行