Valiant2006.4月号

作家・法医学評論家
上野正彦 さん
解剖5,000体、検死1万5,000体、合計20,000体を超える死体を見てきたという元東京都監察医務院長の上野正彦さん。ベストセラーとなった『死体は語る』で知られる上野さんに、警察官として、死体と向き合うための心構えをお聞きした。
取材・文/外山準一
写真/井上博行