2010年月号
月刊警察
A5判  208ページ 
付録の付く号は、付録込みの別価格となります。

月刊警察
5月号の在庫はありません
定期購読のお申し込みは
お電話(0120-338-921) または
富士山マガジンサービス にて
承っております。
富士山マガジンサービス〔月刊警察〕
ポイント月刊警察
  • 「昇任試験」対策に照準!
  • 全ページ2色刷り
  • 月々無理・無駄のない分量と価格設定に配慮!
  • 「法学四法解説特別講座」をはじめ、新連載が続々!

主なCONTENTS
法学四法解説特別講座
  • 「やさしい憲法教室」
    ◎女性弁護士による、基礎からの憲法解説。初学者にはもちろん、もう一度基礎を確認したいベテランの方にも最適な、他に類をみないやさしいタッチの講義です。
  • 「判例から学ぶ 警察官職務執行法」
    ◎現場で瞬時に求められる正しい判断とは? 適正・妥当かつ自信をもった職務執行の基盤となる法的知識を、事例と重要判例に基づき詳解します。
  • 「警察官のための 実務刑法講義」
    ◎具体的事例で擬律判断を学ぶことを中心に据えた警察実務のための刑法講座です。
  • 「実務のための 捜査手続法ノート」
    ◎実務で多く取扱う項目・急訴事件の対応に必要な項目を重点に学習でき、試験や実務に役立ちます。
昇任試験合格対策講座
  • 「元教官からのアドバイス」
    ◎元警視庁の教官が、そもそも警察官が昇任するに当たって必要な「姿勢」、「思想」、「教養」といった基本的なことを教示し、昇任への意欲を湧かせます。
  • 「昇任試験模擬問題(SA・論文)」
    ◎毎号、全科目にわたる詳しい解説、的確な答案例により、合格への実力養成を図ります。
実務能力養成講座
  • 「ゴネラーへの処方箋 4[職質特別対談]」
    ◎あの“ゴネ処”が帰ってきた! 職質技能指導官とBGT研究会のコラボレーションにより、職務質問の極意を分かりやすく、軽妙なタッチで伝授します。
  • 「使える!! 実務で活きる エッセンス 平成の刑訴法判例」
    ◎実務上重要な判例の考え方をかみくだいて解説。丸暗記ではなく、昇任試験対策はもちろん、似て非なる事案への応用力が身に付く効果的な構成です。
  • 「職質向上塾 ガンバ・ロード特別出張講座」
    ◎若手警察官から多く寄せられる職務質問の疑問に対し、警視庁職質指導室の指導官がQ&A方式で的確にアドバイス。豊かな経験から生まれる親身なアドバイスで、職務質問に対する不安や疑問を一気に解消します。
  • 「イラストでわかりやすい 擬律判断・刑事訴訟法」
    ◎あの昇任試験対策に確固たる実績をもつ「ニューウェーブ昇任試験対策委員会」が執筆する連載です。典型事例をわかりやすい独特のイラストで解説し、読者の興味を引き、勉強意欲をわかせる構成です。
    ◎具体的には、
    ・論文試験対策
    ・職務執行のイメージトレーニング
    ・刑事訴訟法の基礎をわかりやすく解説
    といった内容を画期的な手法で伝授します。
    連載後の反応も「本当にわかりやすい!」との声が続出!
  • 「気づきのヒント」
    ◎最近気になる警察の現状に対し、「気づき」をキーワードに今までにない視点から解決策を探ろうとする連載です。内容は、職務質問、昇任試験等、実務に密接したものが盛りだくさん。「ベテランから若手への技能の伝承」という温かいメッセージを込めた、必読の指南書です。
  • 「Q&A講座」
    ◎法改正情報を中心に、Q&A方式で「そこが知りたい」に明解にお答えします。タイムリーな話題を用意し、日常の執務、昇任試験対策にも即応!
連載コラム
  • 「警察官の妻たち〜治安を支えた陰の功労者〜」
    ◎我が国の治安を維持するために、家庭を顧みず休日返上で職務に励む警察官。その妻たちの物語を読み切りで連載。
  • 「独白、警察署長 2」
    ◎今こそ、次代を担う若手警察官に求められる“心の教材”。現役署長(経験者)が自らの体験から紡ぎ出す、熱き心のエール、胸に染み入る魂の伝承。ご好評にこたえ、第2弾スタート!
月刊警察Valiantの連載から生まれたValue Book Series
表紙画像:捜査心理ファイル 捜査心理ファイル
〜犯罪捜査と心理学のかけ橋〜

詳細はこちらから >>
ゴネラーへの処方箋3
〜民間での講演録風〜

詳細はこちらから >>

Back Number
誌面についてのご意見・お問い合わせはこちら
メール