≫ 東京法令トップページ ≫ 省庁・自治体

省庁・自治体

地方行政

議会

環境

人事管理

文書実務

介護福祉

厚生労働

国土交通

経済産業

財務

海上保安

防犯

交通安全

防災/冊子

ピックアップ

表紙画像:平成29年版 港湾小六法
お買物かごへ
商品詳細

平成29年版 港湾小六法

国土交通省港湾局 監修
体裁:A5判   本体価格+税 (15,000円+税)
平成29年通常国会で改正された港湾法、同施行令、同施行規則を完全補正!
 〔港湾法の主な改正〕
 ○クルーズ船への対応強化
  −国際旅客船拠点形成港湾における官民連携国際旅客船受入促進協定制度の創設等
  −旅客の取扱いに関する位置付けの強化
 ○災害時の港湾機能強化策導入
  −非常災害時における国土交通大臣による円滑な港湾施設の管理制度の創設
主要法令に参照条文を付して実務を強力サポート!
表紙画像:平成29年版 国土交通六法(社会資本整備編)
お買物かごへ
商品詳細

平成29年版 国土交通六法(社会資本整備編)

国土交通省大臣官房総務課 監修
体裁:A5判
ケース入り   本体価格+税 (9,700円+税)
★都市計画、公園・緑地、水管理、住宅建築、災害・防災をはじめとする社会資本整備事業に関わる343法令を登載。
★都市計画法、河川法、道路法、建築基準法、土地収用法、宅地建物取引業法、建設業法には参照条文(道路法では参考規定も)を付して、解釈や運用のしやすさを追求しています。
★平成29年版では、水源地域対策特別措置法、独立行政法人水資源機構法、水資源開発促進法、土地基本法、大深度地下の公共的使用に関する特別措置法、建設工事従事者の安全及び健康の確保の推進に関する法律等を新規登載しました。
★そのほか都市緑地法、水防法をはじめとする重要改正にも対応した最新版の六法です。
表紙画像:駐車監視員資格者必携 〜違法駐車取締りに携わるすべての人のために〜
お買物かごへ
商品詳細

駐車監視員資格者必携 〜違法駐車取締りに携わるすべての人のために〜

駐車対策研究会 著
体裁:A5判   本体価格+税 (1,200円+税)
平成29年3月12日施行の改正道路交通法(運転免許の種類等に関する規定の整備〔準中型免許の新設〕)に対応した6訂版が完成。
違法駐車取締りのハウ・ツーがこの一冊に!!
全ての警察官、交通巡査員及び、駐車監視員に贈る実践的解説書!

★駐車対策等に取り組む交通警察の概要、駐車監視員制度を含む駐車対策法制(総論)から、放置車両の確認に必要な基礎知識、放置車両の確認等実施要領(各論)にいたるまで、違法駐車取締りの内容が正しく理解できるよう解説。
★イラスト、カラー写真、チャート等を豊富に掲載し、より理解しやすいよう配慮。
★駐車監視員が放置車両の確認等を実施する際の実施要領を違反種別ごとに解説。実務の現場で即対応できるような内容構成。
表紙画像:17訂版 執務資料 道路交通法解説
お買物かごへ
商品詳細

17訂版 執務資料 道路交通法解説

道路交通執務研究会 編著
野下 文生 原著
体裁:A5判   本体価格+税 (4,600円+税)
交通警察に従事する全ての者の座右の書。道路交通法令の解釈を導き出す手引きに!
平成29年施行の改正規定を完全補正した最新版!


【内容】
★平成29年3月12日施行の内容(高齢運転者対策の推進を図るための規定の整備及び運転免許の種類等に関する規定の整備)について解説を施しました。
★道路交通法全条文にわたって、常に「交通警察官のための」を基本に、懇切丁寧な筆致で分かりやすく解説!
★生きた事例研究のための判例、適正・妥当な運用を図るための質疑応答や学説等を随所に掲載!

◆本書の特色◆
★実務者、研究者のための完全逐条解説
★条文中に用いられている用語、概念について、数多くの判例要旨や学説、図解等を用いながら分かりやすく解説
★道路交通法と他の法令とのかかわりを、該当条文を掲載するなどして適宜解説
★適正な運用を図るため、具体的事例に即した質疑応答を掲載
★罰則、反則金、点数が一目で分かる「交通違反等一覧表」を掲載
★「事項索引」を登載し、容易な検索を実現
表紙画像:14訂 新 図表 地方自治法・公務員法
お買物かごへ
商品詳細

14訂 新 図表 地方自治法・公務員法

大城純男 著
体裁:A5判   本体価格+税 (2,400円+税)
★図表を用いて詳解した地方自治関係者必携の書、待望の最新版、発刊。
★平成27年の公職選挙法の一部改正や平成26年の行政不服審査法の全部改正等の法令改正を反映して改訂。
★実務に直結する知識について、図表を用いて詳解。
★文章よりも図表を多用して制度を一覧でき、視覚的に理解できる。
★事項の重複あえて避けず、立体的・多角的に解説。
★解説にはすべて根拠条文を明記。
★分かりにくい条文の文章の構造そのものを図式的に展開して解説。
★独自の分類や類型化により読者の理解を助ける。
★法律学的な解釈論よりも、制度の概要を鳥瞰できるよう編集。