〜交通関係施策から交通関係法令に至るまで毎月詳解〜

推薦 警察庁交通局/編集 道路交通研究会
A5判/104ページ 

富士山マガジンサービス〔月刊交通〕
定期購読のお申し込みは
お電話(0120-338-921) または
富士山マガジンサービス にて承っております。
4月号から2大連載スタート
≪「わかりやすい道路交通法の改正要点【政令・府令・規則編】」訂正のお願い≫
概 要
 『月刊交通』創刊当時の昭和45年は、自動車交通量の急激な増加が、都市や幹線道路をはじめ至る所に交通渋滞を生じさせ、自動車公害という新たな公害をもたらした時代である。 交通事故の多発、道路混雑の激化、自動車公害の発生等の交通問題は、人、車、道路等の複雑な要素が相互に絡み合っていたため、単純な手法をもってそれを解決することは、不可能であると危惧されていた。
 そのような折、複雑多岐にわたる交通問題について種々の角度から問題を提供し、その解決策を見いだすため、『月刊交通』が誕生した。
 以来、安全教育・思想の普及啓発、道路や車両の安全の向上、交通事故被害者の救済など様々な立場で交通安全に関わる人々に広く交通警察の「いま」を伝える交流の場として、活用されてきている。
 21世紀、さらなる展開をみせるであろう交通を取り巻く諸課題に積極的に取り組まれる上で、交通に関わる関係者にとってこれからも変わらず、本誌が役立つものであると考える。
(道路交通研究会)

2008年9月号 目次
特集:交通事故事件捜査
巻頭言
〜交通事故事件に対する組織的取組みの強化〜
前・警察庁交通局交通指導課長 多湖 令
交通事故事件捜査の現状と課題
警察庁交通局交通指導課課長補佐 大竹保和
疲れ果てた運転手
〜自動車運送会社による過労運転下命事件の検挙〜
宮城県警察本部交通部交通指導課 佐藤正行
大手運送会社運転手らによる偽計業務妨害(パーキング・メーター不正使用)事件の検挙について
警視庁交通部交通捜査課 寺田次夫
後方からの異常接近等を通行妨害目的のあおり行為ととらえ危険運転致死傷罪を適用
栃木県警察本部交通部交通指導課 野澤修二
世界最高性能を誇る大型放射光施設(SPring-8)を用いた死亡ひき逃げ事件の検挙について
〜フロントガラスの微量不純物元素解明で被疑車両を特定〜
埼玉県警察本部交通部交通捜査課 横塚 守
街路灯引き倒しによる父娘死傷交通事故事件の検挙について
神奈川県警察本部交通部交通捜査課
会社責任者に業務上過失傷害を適用した整備不良に起因する大型クレーン車タイヤ破裂事故の検挙について
大阪府警察本部交通部交通捜査課 山田 忠
那須教授の交通捜査・事例解説(6)
 被害車両に対する見通しと衝突地点に係る実況見分調書の在り方
警察大学校警察政策研究センター主任教授 那須 修
交通警察の基礎知識(71)
 自転車通行環境整備の手法について
道路交通研究会
高齢者の交通事故分析(5)
 同乗者の影響(その2)
財団法人交通事故総合分析センター研究部担当部長兼研究第一課長 西田 泰
研究最前線
 オフセット正面衝突における車両運動
科学警察研究所交通科学部長 石川博敏
交差点
 日本一安全な「しまね」の道路交通を目指して
島根県警察本部交通部長 大島 久
交通課長日誌(261)
埼玉県川口警察署 山口正人
誌面についてのご意見・お問い合わせは こちら