〜交通関係施策から交通関係法令に至るまで毎月詳解〜
月刊交通
推薦 警察庁交通局/編集 道路交通研究会
A5判/104ページ 

富士山マガジンサービス〔月刊交通〕
定期購読のお申し込みは
お電話(0120-338-921) または
富士山マガジンサービス にて承っております。
良好な自転車交通秩序の実現のための総合対策
 『月刊交通』臨時増刊号 


  • 道路交通法における自転車に係る規定の変遷について解説
  • 平成23年交通局長通達「良好な自転車交通秩序のための総合対策」の内容を簡潔に解説
  • 自転車に係る主な交通ルールをイラスト入りで解説
  • 警視庁における自転車総合対策や英国の自転車安全教育の事例を紹介

概 要
 『月刊交通』創刊当時の昭和45年は、自動車交通量の急激な増加が、都市や幹線道路をはじめ至る所に交通渋滞を生じさせ、自動車公害という新たな公害をもたらした時代である。 交通事故の多発、道路混雑の激化、自動車公害の発生等の交通問題は、人、車、道路等の複雑な要素が相互に絡み合っていたため、単純な手法をもってそれを解決することは、不可能であると危惧されていた。
 そのような折、複雑多岐にわたる交通問題について種々の角度から問題を提供し、その解決策を見いだすため、『月刊交通』が誕生した。
 以来、安全教育・思想の普及啓発、道路や車両の安全の向上、交通事故被害者の救済など様々な立場で交通安全に関わる人々に広く交通警察の「いま」を伝える交流の場として、活用されてきている。
 21世紀、さらなる展開をみせるであろう交通を取り巻く諸課題に積極的に取り組まれる上で、交通に関わる関係者にとってこれからも変わらず、本誌が役立つものであると考える。
(道路交通研究会)

2013年11月号 目次
特集:交通安全関係団体の現状と今後の展開
特集に当たって
警察庁交通局交通企画課長 廣田耕一
自動車安全運転センターの現状と今後の展開
前・自動車安全運転センター理事長 小林武仁
安全運転中央研修所の現況について
自動車安全運転センター安全運転中央研修所長 谷 直樹
公益財団法人交通事故総合分析センターの現状と今後の取組について
公益財団法人交通事故総合分析センター業務部渉外事業課課長 市澤 隆
管技協の活動とこれから
公益財団法人日本交通管理技術協会会長 小野正博
一般財団法人全日本交通安全協会の現状と今後の展開
一般財団法人全日本交通安全協会事務局長 寺島喜代次
日本自動車連盟(JAF)の交通安全啓発の取組について
一般社団法人日本自動車連盟広報部広報課長 森 保人
日本道路交通情報センターの現状と今後の展開
公益財団法人日本道路交通情報センター
一般社団法人UTMS協会の現状と今後
一般社団法人UTMS協会専務理事 加藤 宏
全指連を取り巻く現状と今後の展開
一般社団法人全日本指定自動車教習所協会連合会専務理事 吉田英法


交通事故抑止のための交通取締りについて 第3回(最終回)
前・警察庁長官官房審議官(交通局担当) 土屋知省

交通事件捜査に関する諸問題―検察官の視点―(8)
 過失の認定(その3)
 ―右直事故について―
交通事件捜査実務研究会
交通警察の基礎知識(134)
 交通警察の調査における必要な人数等の目安
道路交通研究会
交差点
 高齢歩行者対策の推進について
山梨県警察本部交通部長 宮ア 清
研究最前線
 自転車が右側通行するきっかけとなる4つの挙動
科学警察研究所交通科学部交通科学第一研究室長 森 健二
交通課長日誌(323)
 
香川県高松北警察署 白井章男
プロフェッショナル
 スーパー鉄人警部補の信念
 〜県警初の交通指導取締り技能指導官〜
広島県警察本部交通部交通機動隊副隊長 岡村義雄
交通警察統計
 
発炎筒・青信号
 
広告掲載のご案内は こちら
誌面についてのご意見・お問い合わせは こちら