関連分野   消防・防災/警防  

中小隊長の活動要領
専門知識と技術の伝承

編著/監修
東京消防庁 監修
体裁
B5判  152ページ
定価
1,980 円(消費税込み)
本体価格+税
1,800 円+税
ISBN
ISBN978-4-8090-2317-0
C3030 \1800E
発行日
令和3年9月10日
初版16刷発行
内容見本を見る

パンフレットを見る

お買い物かごに入れる
【電子書籍】ストアを見る

その他の主要電子書籍ストアでも
ご購入いただけます。


本書の特長

  • 好評警防活動シリーズ第4弾!待望の中小隊長向けの教養資料がついに発刊!!
  • 中小隊長が求められる役割、判断を、教科書や活動要領に掲載されている内容だけではなく、先輩隊長が現場経験から得た教訓もあわせてわかりやすく解説。
  • 全ページカラー掲載。貴重な現場写真を多数掲載。煙の色の違いも分かる!

目次

  • 第1章 中小隊長の責務
    • 第1節 中小隊長が行う指揮
      • 第1 中小隊長の指揮
        • 1 基本的なパターン
        • 2 指揮活動の基本
      • 第2 中小隊長の任務
        • 1 平素の任務
        • 2 災害現場における指揮
      • 第3 現場指揮の要点
        • 1 活動全般
        • 2 火災現場
        • 3 救助活動現場
        • 4 危険排除現場
      • 第4 現場指揮のポイント
        • 1 出場準備
        • 2 出場途上
        • 3 木造・防火造建物火災の初動対応
        • 4 実態の把握
        • 5 耐火造建物火災の初動対応
        • 6 要救助者の救出
    • 第2節 隊員の技能管理
      • 第1 訓練指導のポイント
        • 1 指導者の資質
        • 2 訓練指導の七原則
        • 3 訓練指導の五段階(指導手順)
      • 第2 訓練の指導要領
        • 1 訓練目標の設定
        • 2 訓練環境及び資器材の確認
        • 3 訓練体系に基づく段階的訓練
        • 4 基本的事項の習熟
        • 5 訓練指導の実践
    • 第3節 安全管理
      • 第1 中小隊長の責務
        • 1 安全管理全般における責任
        • 2 安全管理に対する心構え
        • 3 安全管理対策
        • 4 事故発生時の措置
      • 第2 災害現場の安全管理
        • 1 安全管理の姿勢
        • 2 安全管理隊の活動要領
      • 第3 交通事故発生時の措置
        • 1 処理フロー図
        • 2 業務継続の可否判断
  • 第2章 専門知識と技術の伝承―先輩中小隊長等からのアドバイス―
    • 第1節 中隊の消防活動要領
      •  
        • Q1 救助指定中隊長等としての消防活動の原則は
          • 1 指揮代行
          • 2 情報収集
          • 3 活動要領
        • Q2 最先着中隊長としての留意事項は
          • 1 出場
          • 2 水利部署
          • 3 情報収集・状況把握
          • 4 状況判断・指揮
          • 5 人命検索救助
          • 6 安全管理
          • 7 後着隊への指示等
          • 8 他の留意事項
        • Q3 後着中小隊長としての消防活動の原則は
          • 1 活動全般
          • 2 状況把握・活動方針
          • 3 筒先配備
          • 4 その他
        • Q4 後着中小隊長としての活動上の留意事項は
          • 1 出場
          • 2 現場到着
          • 3 現場活動
    • 第2節 実戦的な指揮技術
      • 第1 中小隊長としての日頃の備え
        • Q1 中小隊長になって準備した物、実施したことは
          • 1 準備した物
          • 2 実施したこと
        • Q2 災害活動のため平素から準備していることは
          • 1 自身の能力向上等
          • 2 雰囲気づくり
          • 3 チームワークづくり等
        • Q3 自己中小隊員の技量向上のため行っていることは
          • 1 取り組む姿勢
          • 2 時期・タイミング
          • 3 実施上の留意事項
          • 4 実践方法等
        • Q4 管内の把握要領は
          • 1 機会
          • 2 心構え
          • 3 要領
          • 4 把握すべき事項
        • Q5 大隊長とコミュニケーションをとる上での留意事項は
          • 1 姿勢
          • 2 時機等
        • Q6 消防団との関わり方は
          • 1 心構え
          • 2 実践
      • 第2 判断・指示
        • Q1 出場時の指示は
          • 1 出場時
          • 2 出場途上
        • Q2 災害活動時の指示は
          • 1 指示の前提
          • 2 指示の基本
          • 3 指示している事項
        • Q3 残火処理時の指示は
          • 1 基本的な留意事項
          • 2 指示している事項
        • Q4 破壊活動時の指示は
          • 1 基本的な留意事項
          • 2 指示している事項
        • Q5 現場引揚げ時の指示は
          • 1 基本的な留意事項
          • 2 指示している事項
        • Q6 帰署(所)後の指示は
        • Q7 警戒活動中の指示は
          • 1 基本的な留意事項
          • 2 指示している事項
      • 第3 大隊長到着までの指揮代行
        • Q1 指揮本部長代行者として、最も気を配っていることは
          • 1 心構え
          • 2 指揮者として
          • 3 具体的には
        • Q2 現着直後にすることは
          • 1 自身が行っていること
          • 2 指示事項
          • 3 具体的な指示要領
        • Q3 第2出場を要請する目安は
          • 1 考え方
          • 2 地域特性による判断
          • 3 建物状況による判断
          • 4 火災状況等による判断
          • 5 具体的な目安
        • Q4 面積算定のポイントは
          • 1 算定の基準
          • 2 目安
        • Q5 要救助者の情報収集要領は
          • 1 聴取者等
          • 2 判断・要領等
      • 第4 ポンプ2隊配置署所における救助指定中隊の指揮活動
        • Q1 災害実態の把握要領は
          • 1 要領
          • 2 把握する内容
        • Q2 実際に中小隊員へ下命していることは
          • 1 基本事項
          • 2 下命・指示事項
        • Q3 送水小隊との連携活動上の留意事項は
      • 第5 ポンプ隊1隊配置署所の指揮活動
        • Q1 単隊活動時の苦労は
        • Q2 活動上の困難は
        • Q3 どのように補っているか
    • 第3節 消防活動事例からの教訓
      • 第1 火災
        • 1 成功事例からの教訓
        • 2 ヒヤリハット事例からの教訓
      • 第2 救助
        • 1 成功事例からの教訓
        • 2 ヒヤリハット事例からの教訓
      • 第3 危険排除
        • 1 成功事例からの教訓
        • 2 ヒヤリハット事例からの教訓
      • 第4 その他
        • 1 成功事例からの教訓
        • 2 ヒヤリハット事例からの教訓
    • 第4節 現職大隊長からのアドバイス
      • 第1 中小隊長時代の経験談
      • 第2 現職大隊長として中小隊長に望むこと
      • 第3 その他の参考事項
  • 執筆協力者

おすすめ商品

  • 指揮隊の活動要領 (表紙)
    監修 東京消防庁
    B5判 178ページ
    1,980 円(税込み)
  • 消防基本六法 (表紙)
    消防法規研究会 編集
    A5判 1472ページ
    2,310 円(税込み)
  • 査察マスター (表紙)
    消防道研究会 編著
    B5判 440ページ
    3,300 円(税込み)
  • 木造建築物の火災特性を踏まえた消防活動の安全管理対策 (表紙)
    編集 全国消防長会
    協力 東京消防庁
    発行 財団法人 全国消防協会
    B5判 DVD付 96ページ
    2,095 円(税込み)
  • イラストで学ぶ火災防ぎょ (表紙)
    火災防ぎょ教育研究会 菊地 勝也 編著
    B5判 200ページ
    1,760 円(税込み)
  • 最新消防模擬問題全書 (表紙)
    消防実務研究会 編著
    A5判 576ページ
    2,420 円(税込み)
  • 火災報告取扱要領ハンドブック (表紙)
    防災行政研究会 編著
    B5判 464ページ
    3,190 円(税込み)
  • 車両火災・救助・調査対応ガイド (表紙)
    元くるま総合研究会(KSK)代表 相川 潔 著
    B5判 192ページ
    2,530 円(税込み)
  • Fire Fighter's Support Book (表紙)
    警防技術研究会 編集
    ポケット(145×80mm)判
    ダブルリング製本
    88ページ
    2,420 円(税込み)
  • 安全管理 (表紙)
    監修 東京消防庁
    B5判 192ページ
    2,090 円(税込み)
  • 消防救助技術必携 (表紙)
    名古屋市消防局 編著
    A5判 552ページ
    2,860 円(税込み)
  • 災害時の情報活動マニュアル (表紙)
    監修 東京消防庁
    B5判 112ページ
    1,760 円(税込み)
  • ポンプ車運用技術 (表紙)
    東京消防庁 監修
    A5判 144ページ
    1,760 円(税込み)
  • 消防活動マニュアル (表紙)
    監修 東京消防庁
    B5判 264ページ
    2,970 円(税込み)
  • 火災調査書類の書き方 (表紙)
    調査実務研究会
    B5判 184ページ
    1,870 円(税込み)
  • 救助訓練マニュアル (表紙)
    消防教育訓練研究会 菊地 勝也 編著
    B5判 224ページ
    2,420 円(税込み)
  • E.M.T Support Book (表紙)
    監修/山本保博(東京曳舟病院病院長、日本医科大学救急医学名誉教授)、石原哲(東京曳舟病院名誉院長)
    編集/公益財団法人東京防災救急協会
    ポケットサイズ(外寸:140mm×80mm)
    ダブルリング製本
    オールカラー 118ページ
    2,640 円(税込み)
  • 調査手帳 (表紙)
    A6判(書き込みメモ欄128頁) 156ページ
    594 円(税込み)
  • まんが 事例でわかる火災調査 (表紙)
    調査実務研究会
    A5判 304ページ
    2,420 円(税込み)
  • 火災報告取扱要領のてびき (表紙)
    調査実務研究会 編著
    B5判 248ページ
    1,980 円(税込み)

関連商品
指揮隊の活動要領 (表紙)
監修 東京消防庁
B5判 178ページ
1,980 円(税込み)
安全管理 (表紙)
監修 東京消防庁
B5判 192ページ
2,090 円(税込み)
木造建築物の火災特性を踏まえた消防活動の安全管理対策 (表紙)
編集 全国消防長会
協力 東京消防庁
発行 財団法人 全国消防協会
B5判 DVD付 96ページ
2,095 円(税込み)