関連分野   消防・防災/警防  

火災時の緊急脱出・救出のための
救難活動マニュアル

編著/監修
横浜市消防局 編著
体裁
B5判  96ページ
定価
2,200 円(消費税込み)
本体価格+税
2,000 円+税
ISBN
ISBN978-4-8090-2535-8
C3030 \2000E
発行日
令和5年11月1日
初版3刷発行
内容見本を見る

パンフレットを見る

お買い物かごに入れる

特長

  • 火災現場で活動する隊員を、万が一の危機的状況から守るために!
    最大限の安全を確保しながら任務を遂行していた隊員自身、又は同僚・部隊が、不慮の危機にさらされた場合を想定し、“隊員個人での危機回避”及び“部隊等による救出”の要領を一挙掲載!
  • 安全管理体制等のほか、救難回避行動【セルフサバイバル】、救難対応活動【チームサバイバル】、救難即時介入活動【チームレスキュー】の活動要領を掲載。
  • 横浜市消防局の特別高度救助部隊が、米海軍日本管区司令部消防隊等の協力を得ながら検証し、活動要領を作成。
  • 訓練方法動画の二次元コード付き。写真だけでは分かりにくいところも動画なら一目瞭然!スマートフォン、タブレットで再生可能。


更なる組織的な安全管理体制の強化について

近年、激甚化する自然災害やテロ災害を含め複雑多様化する消防活動に加え、建築工法も多様化し、従来の消火戦術では対処できない危険要因も増え、活動の困難性が高まっています。

特に「火災」は、刻々と状況が変化する「進行形の災害」であることから、組織的な安全管理体制が必要であるとともに、活動中に隊員が万一、危機的な状況に陥った際に、いかに危機的状況を排除するかを隊員一人ひとりが認識し、有事の際は、組織的に直ちに行動する必要があります。

このような状況を踏まえて、横浜市消防局では火災現場で安全管理を主任務とする特別高度救助部隊が米海軍日本管区司令部消防隊等の協力を得て研究・検証を重ね、平成31年2月に「救難活動マニュアル」を策定しました。

これまで安全管理は、危険要因の予測と事前回避を主眼に組織的な体制も加え確保してきました。一方で、本書の内容は、危機的状況下、隊員自らの危険要因の排除から仲間の隊員の安全な場所への緊急退避、危機回避要領及び組織的な救出要領を明示したものです。

本書は、あくまでも危機的状況を想定した活動指針でありますが、万一の際は、直ちに危機的状況を排除し公務災害の回避を期するところです。

 

「消防の任務遂行において隊員の安全管理は、必須の条件です。」

 

結びに、過去の災害による殉職者に対して謹んで哀悼の意を表するとともに、本書の発刊にあたり、火災現場の最前線で任務を遂行する消防職員や消防関係者に活用され、更なる組織的な安全管理体制の強化に繋がることを祈念いたします。

令和元年10月

横浜市消防局 警防部長  林 久人


目次

  • 第1章 総則
    • 第1 目的
    • 第2 概念
    • 第3 用語
    • 第4 背景
    • 第5 本マニュアルの活用にあたり
  • 第2章 安全管理体制
    • 第1 安全管理の徹底
    • 第2 火災現場の危機的状況
    • 第3 無線報告
    • 第4 救難要請時の活動について
    • 第5 生存への行動
    • 第6 空気呼吸器管理
  • 第3章 救難回避行動【セルフサバイバル】
    • 第1 緊急時の回避姿勢要領(ディフェンシブポジション)
    • 第2 携帯警報器・打音による検索要領(PASSトレーニング)
    • 第3 緊急脱出要領(オブスタクル・コース)
    • 第4 はしごでの緊急脱出要領(ラダーベイルアウト)
  • 第4章 救難対応活動【チームサバイバル】
    • 第1 搬送要領
    • 第2 簡易縛着要領
    • 第3 防火着装及び空気呼吸器を装備した隊員の脱装要領
    • 第4 熱中症等の隊員の脱装要領
  • 第5章 救難即時介入活動【チームレスキュー】
    • 第1 はしごからの屋内進入要領
    • 第2 資機材を利用した屋内進入(障害突破)要領
    • 第3 はしご救出要領(ディフェンシブポジションからの救出)
    • 第4 緊急救出要領(ウインドウ・ドリル)
    • 第5 はしご救出要領(かかえ救出)

おすすめ商品

  • 査察マスター (表紙)
    消防道研究会 編著
    B5判 440ページ
    3,300 円(税込み)
  • 大規模災害における 緊急消防援助隊ハンドブック (表紙)
    防災行政研究会 編著
    B5判 176ページ
    2,090 円(税込み)
  • Fire Fighter's Support Book (表紙)
    警防技術研究会 編集
    ポケット(145×80mm)判
    ダブルリング製本
    88ページ
    2,640 円(税込み)
  • 消防救助技術必携 (表紙)
    名古屋市消防局 編著
    A5判 560ページ
    2,970 円(税込み)
  • 車両火災・救助・調査対応ガイド (表紙)
    元くるま総合研究会(KSK)代表 相川 潔 著
    B5判 192ページ
    2,530 円(税込み)
  • 指揮隊の活動要領 (表紙)
    監修 東京消防庁
    B5判 178ページ
    1,980 円(税込み)
  • 消防基本六法 (表紙)
    消防法規研究会 編集
    A5判 1502ページ
    2,420 円(税込み)
  • 消防活動事例集 (表紙)
    編集 一般財団法人全国消防協会
    編集協力 全国消防長会
    B5判 192ページ
    2,310 円(税込み)
  • 火災救助対策 ドア開放マニュアル (表紙)
    消防活動研究会 編著
    B5判 192ページ
    2,750 円(税込み)
  • 災害時の情報活動マニュアル (表紙)
    監修 東京消防庁
    B5判 112ページ
    1,760 円(税込み)
  • 中小隊長の活動要領 (表紙)
    東京消防庁 監修
    B5判 152ページ
    1,980 円(税込み)
  • 応急手当指導者標準テキスト (表紙)
    応急手当指導者標準テキスト改訂委員会 編集
    A4判 240ページ
    3,960 円(税込み)
  • 消防活動マニュアル (表紙)
    監修 東京消防庁
    B5判 264ページ
    2,970 円(税込み)
  • イラストで学ぶ火災防ぎょ (表紙)
    火災防ぎょ教育研究会 菊地 勝也 編著
    B5判 200ページ
    1,760 円(税込み)
  • CSRMアドバンスドガイド (表紙)
    全国救護活動研究会 著
    B5判 184ページ
    2,530 円(税込み)
  • 過去に学ぶ (表紙)
    監修 名古屋市消防局
    原作 元田 陽介
    作画 高橋 なおみ
    A5判 116ページ
    1,100 円(税込み)
  • 消防・防災講話のタネ (表紙)
    池田 和生 著
    B6判 272ページ
    1,760 円(税込み)
  • 火災報告取扱要領ハンドブック (表紙)
    防災行政研究会 編著
    B5判 464ページ
    3,190 円(税込み)
  • 消防活動事例集 (表紙)
    編集 一般財団法人全国消防協会
    編集協力 全国消防長会
    B5判 176ページ
    2,200 円(税込み)
  • CSRMベーシックガイド (表紙)
    全国救護活動研究会 著
    B5判 112ページ(カラー51ページ) 0ページ
    2,200 円(税込み)

関連商品
安全管理 (表紙)
監修 東京消防庁
B5判 192ページ
2,090 円(税込み)
木造建築物の火災特性を踏まえた消防活動の安全管理対策 (表紙)
編集 全国消防長会
協力 東京消防庁
発行 財団法人 全国消防協会
B5判 DVD付 96ページ
2,095 円(税込み)
火災救助対策 ドア開放マニュアル (表紙)
消防活動研究会 編著
B5判 192ページ
2,750 円(税込み)
消防救助技術必携 (表紙)
名古屋市消防局 編著
A5判 560ページ
2,970 円(税込み)