関連分野   消防・防災/警防  

3訂版 目で見る
消防活動マニュアル

編著/監修
監修 東京消防庁
体裁
B5判  264ページ
定価
2,970 円(消費税込み)
本体価格+税
2,700 円+税
ISBN
ISBN978-4-8090-2430-6
C3030 \2700E
発行日
平成29年4月1日
3訂版発行
内容見本を見る

パンフレットを見る

お買い物かごに入れる

本書の特長

  • 16年ぶりの全面改訂!
  • A5判からB5判に誌面を拡大して、警防向け書籍と大きさを統一。
  • 全ページカラー掲載となったので、写真がわかりやすい。
  • 1,000点を超える写真を掲載して資器材の操作要領をわかりやすく解説。進化が著しい測定器やノズルなどの最新資器材も登載。
  • 資器材を探しやすくするために、目次体系を一部変更。
  • 資器材の諸元や使用上の注意事項、資器材を使用する対象などの資料が充実。
  • 機関運用の基本的事項について、新規登載。

推薦のことば

消防活動マニュアルは、災害現場において消防機器が効果的に活用され、消防活動が安全かつ的確に実施できるよう、平成3年に発刊されて以来、警防隊員の知識、技術の向上に多大な成果を挙げてきたところであります。

初刊から25年が経過し、消防機器は時代とともに性能、機能の向上を果たし、この間、新たな資器材も導入され、活用する警防隊員についても、より高度な知識、技術が必要となってきており、警防隊員全体の若年化に対応するためにも、更なる技術の伝承が必要となります。

このことから、新たにNBC 災害対応資器材を含めた、時代に沿った最新の消防機器を加えるとともに、全ての写真についても見直しを図り、現行消防機器の活用要領について実際の行動ポイントをより理解しやすいように編集してあります。

本書が、若年層職員を中心に災害活動にあたる全ての警防隊員の実務書として活用され、消防活動能力の向上に役立てられることを切に願うものであります。

平成29年3月

東京消防庁

警防部長 松浦 和夫


目次

  • 第1章 吸水器具
    • 第1節 吸管
      • 1 延長
      • 2 投入
      • 3 収納
      • 4 留意事項
    • 第2節 吸管附属物
      • 1 控え綱等取付
      • 2 吸管保護器具設置
      • 3 留意事項
    • 第3節 消火栓用具
      • 1 消火栓かぎの使い方
      • 2 スピンドルドライバーの使い方
      • 3 留意事項
    • 第4節 特殊水利部署
      • 1 高落差水利
      • 2 遠隔水利
      • 3 塀等で囲まれた水利
      • 4 導水口のある水利
      • 5 留意事項
  • 第2章 放水器具
    • 第1節 ホース
      • 1 ホースの巻き方
      • 2 ホース結合
      • 3 ホース離脱
      • 4 ホース搬送
      • 5 ホース延長
      • 6 ホース増加(ホースクランプ使用)
      • 7 破断ホース交換(二又分岐金具使用時)
      • 8 留意事項
    • 第2節 ホースカー
      • 1 ホース積載
      • 2 昇降装置付(テールゲート式)ホースカー積載
      • 3 昇降装置付(テールゲート式)ホースカー下車
      • 4 昇降装置付(垂直式)ホースカー積載
      • 5 昇降装置付(垂直式)ホースカー下車
      • 6 えい行
      • 7 留意事項
    • 第3節 電動ホースカー
      • 1 走行
      • 2 停車
      • 3 留意事項
    • 第4節 管そう・ノズル
      • 1 ホース結合
      • 2 離脱
      • 3 保持
      • 4 放水
      • 5 留意事項
    • 第5節 放水銃
      • 1 ホースカー付放水銃
      • 2 3000型放水銃
      • 3 留意事項
    • 第6節 放水補助器具
      • 1 ホースクランプ
      • 2 ホーススパナ
      • 3 漏水防止バンド
      • 4 ホースブリッジ
      • 5 留意事項
  • 第3章 可搬式はしご
    • 第1節 三連はしご
      • 1 搬送
      • 2 搬送姿勢
      • 3 起てい
      • 4 伸てい
      • 5 架てい
      • 6 進入
      • 7 てい上活動
      • 8 縮てい
      • 9 収納
      • 10 留意事項
      • 11 麻ロープの編み方
    • 第2節 かぎ付はしご
      • 1 搬送
      • 2 架てい
      • 3 進入
      • 4 留意事項
  • 第4章 救助ロープ
    • 第1節 基本結索
      • 1 結合
        • (1) 本結び
        • (2) ひとえつなぎ結び
        • (3) ふたえつなぎ結び
      • 2 結節
        • (1) ひと結び
        • (2) とめ結び
        • (3) 8の字結び
        • (4) 節結び
        • (5) フューラー結び
        • (6) ちょう結び
        • (7) 二重もやい結び
        • (8) 三重もやい結び
      • 3 結着
        • (1) 巻き結び
        • (2) もやい結び
        • (3) ふた回りふた結び
        • (4) プルージック結び
    • 第2節 応用結索
      • 1 器具結索
      • 2 二重もやい結び身体結索
      • 3 コイル巻きもやい結び
      • 4 座席結び
      • 5 一ひろ巻き
      • 6 ロープのくくり方
      • 7 ロープの携行
      • 8 留意事項
  • 第5章 発泡器具
    • 第1−1節 泡放射銃(車上運用)
      • 1 準備
      • 2 設定・発泡
    • 第1−2節 泡放射銃(地上運用)
      • 1 準備
      • 2 設定・発泡
      • 3 留意事項
    • 第2節 ラインプロポーショナー
      • 1 設定・発泡
      • 2 留意事項
    • 第3節 フォームショットガン
      • 1 設定・発泡
      • 2 留意事項
    • 第4節 ネット式簡易発泡器
      • 1 設定・発泡
      • 2 留意事項
  • 第6章 照明器具
    • 第1節 可搬式投光器
      • 1 準備
      • 2 始動・停止
      • 3 照明活動
      • 4 留意事項
      • 5 名称
      • 6 諸元・性能
    • 第2節 非常用コンセントを使用しての照明活動
      • 1 準備
      • 2 照明
  • 第7章 破壊器具
    • 第1節 エンジンカッター
      • 1 準備
      • 2 切断
      • 3 高所における切断
      • 4 留意事項
    • 第2節 アークエアー
      • 1 準備
      • 2 切断
      • 3 消火
      • 4 留意事項
    • 第3節 エアーソー
      • 1 準備
      • 2 切断
      • 3 留意事項
    • 第4節 電気ハンマードリル
      • 1 準備
      • 2 破壊
      • 3 留意事項
    • 第5節 削岩機
      • 1 準備
      • 2 破砕
      • 3 留意事項
    • 第6節 その他の破壊器具
      • 1 とび口
      • 2 大ハンマー、掛矢
      • 3 斧、万能斧
      • 4 金てこ、長柄やり、まんが
    • 第7節 対象別破壊要領
      • 1 窓ガラス
      • 2 扉(木製)
      • 3 扉(鋼製)
      • 4 シャッター
      • 5 モルタル壁
      • 6 コンクリート壁
      • 7 屋根
      • 8 天井
      • 9 床板
  • 第8章 救助器具
    • 第1−1節 空気式救助マット(ソフトランディング)
      • 1 準 備
      • 2 確保・降下
      • 3 留意事項
      • 4 諸元・性能
    • 第1−2節 空気式救助マット(スーパーソフトランディング)
      • 1 準備
      • 2 降下
      • 3 留意事項
      • 4 諸元・性能
    • 第2節 油圧式救助器具(ポートパワー)
      • 1 準備
      • 2 設定・作動
      • 3 収納
      • 4 エア抜き・オイル補給
      • 5 留意事項
    • 第3節 大型油圧式救助器具(レスキューツール)
      • 1 準備
      • 2 設定・作動
      • 3 拡張・切断
      • 4 収納
      • 5 留意事項
    • 第4節 空気式救助器具(パラテック社)
      • 1 設定
      • 2 作動
      • 3 収納
      • 4 留意事項
      • 5 諸元・性能(現行配置3機種)
    • 第5節 可搬式ウインチ
      • 1 準備
      • 2 設定・作動
      • 3 収納
      • 4 留意事項
    • 第6節 フロントウインチ
      • 1 展張
      • 2 設定・作動
      • 3 収納
      • 4 留意事項
      • 5 名称・諸元
    • 第7節 救命索発射銃
      • 1 M3型(ピストル型)
      • 2 MS3型(台座固定型)
      • 3 留意事項
    • 第8節 サバイバースリング(尻ベルト付き)
      • 1 設定・つり上げ
      • 2 留意事項
    • 第9節 救助用簡易縛帯
      • 1 設定・つり上げ
      • 2 留意事項
  • 第9章 保安器具
    • 第1節 空気呼吸器
      • 1 着装
      • 2 進入
      • 3 脱出
      • 4 ボンベ交換
      • 5 留意事項
    • 第2節 酸素呼吸器
      • 1 外観点検
      • 2 機能点検
      • 3 着装前準備
      • 4 着装
      • 5 使用後整備(清浄缶のカーライム詰替え)
      • 6 留意事項
    • 第3節 エアラインマスク
      • 1 準備
      • 2 着装前の点検
      • 3 通話装置の音量調整
      • 4 進入
      • 5 緊急脱出
      • 6 留意事項
    • 第4節 携帯警報器
      • 1 操作要領
      • 2 留意事項
  • 第10章 化学災害用資器材
    • 第1節 毒劇物防護衣
      • 1 着装
      • 2 留意事項
    • 第2節 ガス検知管(ドレーゲル)
      • 1 測定
      • 2 留意事項
    • 第3節 酸欠空気危険性ガス測定器
      • 1 測定
      • 2 留意事項
    • 第4−1節 放射線測定器(被ばく管理用)
      • 1 測定
      • 2 留意事項
    • 第4−2節 放射線測定器(環境測定用)
      • 1 測定
      • 2 留意事項
    • 第4−3節 放射線測定器(汚染検査用)
      • 1 測定
      • 2 留意事項
  • 第11章 機関運用
    • 第1 地図の作成
      • 1 地図の縮尺
      • 2 表示について
    • 第2 緊急自動車
      • 1 緊急自動車の要件
      • 2 緊急自動車の特例
      • 3 緊急自動車でも特例を受けない行為
    • 第3 担当車両の把握
    • 第4 警防調査の実施
    • 第5 通行止め等の確認
    • 第6 出場演習
    • 第7 指令時
      • 1 指令の確認
      • 2 出場計画の確認
    • 第8 道路選定、水利選定及び隊形の決定
      • 1 道路選定
      • 2 水利選定について
      • 3 隊形について
    • 第9 出場
      • 1 乗車
      • 2 赤信号交差点の通過要領
    • 第10 交通事故発生時
      • 1 日頃の備え
      • 2 事故発生時の措置(道交法第72条)
  • 第12章 水損防止用資器材
    • 第1節 防水シート
      • 1 折りたたみ
      • 2 展張
      • 3 留意事項
    • 第2節 残水処理機
      • 1 操作
      • 2 留意事項
    • 第3節 吸水性ゲル水のう
      • 1 消火水の吸水
      • 2 消火水の流出拡大防止
      • 3 消火水流入の事前防止
      • 4 留意事項
  • 第13章 資器材展示
    • 第1節 その他の救助用資器材
      • ・ レスキューシュート
      • ・ 膨張テント
      • ・ ファイバースコープ
      • ・ 赤外線スコープ
      • ・ 音響探知機
    • 第2節 林野火災用資器材
      • ・ ジェットシューター
      • ・ チェーンソー
      • ・ 草刈機
      • ・ 簡易水槽
      • ・ 個人装備一式
    • 第3節 山岳救助用資器材
      • ・ 個人装備一式
      • ・ テント(山岳用)
      • ・ ウインチ
      • ・ バスケット担架
    • 第4節 水難救助用資器材
      • ・ 水上バイク
      • ・ 水中ロボット
      • ・ 水中リフト
      • ・ 水中担架
      • ・ 個人装備一式

おすすめ商品

  • 消防救助技術必携 (表紙)
    名古屋市消防局 編著
    A5判 552ページ
    2,860 円(税込み)
  • イラストで学ぶ火災防ぎょ (表紙)
    火災防ぎょ教育研究会 菊地 勝也 編著
    B5判 200ページ
    1,760 円(税込み)
  • 消防基本六法 (表紙)
    消防法規研究会 編集
    A5判 1472ページ
    2,310 円(税込み)
  • ポンプ車運用技術 (表紙)
    東京消防庁 監修
    A5判 144ページ
    1,760 円(税込み)
  • 救助訓練マニュアル (表紙)
    消防教育訓練研究会 菊地 勝也 編著
    B5判 224ページ
    2,420 円(税込み)
  • 指揮隊の活動要領 (表紙)
    監修 東京消防庁
    B5判 178ページ
    1,980 円(税込み)
  • 査察マスター (表紙)
    消防道研究会 編著
    B5判 440ページ
    3,300 円(税込み)
  • 消防救助操法 (表紙)
    名古屋市消防局 編著
    A4判 132ページ
    1,650 円(税込み)
  • 火災報告取扱要領ハンドブック (表紙)
    防災行政研究会 編著
    B5判 464ページ
    3,190 円(税込み)
  • 中小隊長の活動要領 (表紙)
    東京消防庁 監修
    B5判 152ページ
    1,980 円(税込み)
  • 消防車の運行と点検整備 (表紙)
    東京消防庁 監修
    A5判 148ページ
    1,980 円(税込み)
  • 消防訓練マニュアル (表紙)
    消防教育訓練研究会 菊地勝也 編著
    B5判 256ページ
    2,530 円(税込み)
  • 最新消防模擬問題全書 (表紙)
    消防実務研究会 編著
    A5判 576ページ
    2,420 円(税込み)
  • 木造建築物の火災特性を踏まえた消防活動の安全管理対策 (表紙)
    編集 全国消防長会
    協力 東京消防庁
    発行 財団法人 全国消防協会
    B5判 DVD付 96ページ
    2,095 円(税込み)
  • 災害時の情報活動マニュアル (表紙)
    監修 東京消防庁
    B5判 112ページ
    1,760 円(税込み)
  • 実戦NBC災害消防活動 (表紙)
    編集 全国消防長会
    編集協力 東京消防庁
    B5判 296ページ
    2,860 円(税込み)
  • 車両火災・救助・調査対応ガイド (表紙)
    元くるま総合研究会(KSK)代表 相川 潔 著
    B5判 192ページ
    2,530 円(税込み)
  • 応急手当指導者標準テキスト (表紙)
    応急手当指導者標準テキスト改訂委員会 編集
    A4判 240ページ
    3,960 円(税込み)
  • Fire Fighter's Support Book (表紙)
    警防技術研究会 編集
    ポケット(145×80mm)判
    ダブルリング製本
    88ページ
    2,420 円(税込み)
  • 救急手技の基本とポイント (表紙)
    玉川 進 編著
    B5判 オールカラー 152ページ
    2,750 円(税込み)

関連商品
イラストで学ぶ火災防ぎょ (表紙)
火災防ぎょ教育研究会 菊地 勝也 編著
B5判 200ページ
1,760 円(税込み)
安全管理 (表紙)
監修 東京消防庁
B5判 192ページ
2,090 円(税込み)
木造建築物の火災特性を踏まえた消防活動の安全管理対策 (表紙)
編集 全国消防長会
協力 東京消防庁
発行 財団法人 全国消防協会
B5判 DVD付 96ページ
2,095 円(税込み)
Fire Fighter's Support Book (表紙)
警防技術研究会 編集
ポケット(145×80mm)判
ダブルリング製本
88ページ
2,420 円(税込み)