関連分野   消防・防災/応急手当   消防・防災/消防団   生徒の安全/応急手当   消防・防災/ガイドライン2015特集  

身につけよう応急手当
応急手当普及員講習テキスト
ガイドライン2015対応

体裁
B5判 4色刷(一部1色)  224ページ
定価
5,300 円(消費税込み)
お買い物かごに入れる

本書の特長


目次

  • 第1章 応急手当普及員
    • Ⅰ 応急手当普及員の制度
      • 1 応急手当普及員
      • 2 応急手当普及員が指導に当たる対象者
      • 3 応急手当普及員の配置が望まれる事業所
      • 4 普通救命講習について
        • ⑴ 普通救命講習Ⅰ
        • ⑵ 普通救命講習Ⅱ
        • ⑶ 普通救命講習Ⅲ
    • Ⅱ 応急手当普及員に求められるもの
      • 1 応急手当普及員の役割
        • ⑴ 熱意
        • ⑵ リーダーシップ
        • ⑶ 医学的基礎知識
        • ⑷ 応急手当技術
        • ⑸ 多様な状況に対応できる能力
        • ⑹ 指導能力
      • 2 応急救護活動の事前計画樹立要領
        • ⑴ 活用目的
        • ⑵ 計画樹立の必要性
        • ⑶ 計画樹立上の留意事項
        • ⑷ 計画の樹立要領
  • 第2章 応急手当普及員に必要な医学的基礎知識
    • Ⅰ 身体部位
    • Ⅱ 骨格
    • Ⅲ 筋肉
    • Ⅳ 呼吸器
      • 1 空気はどうやって体内に入っていくのか?
      • 2 呼吸器系の解剖
      • 3 気道に異物が入ったらどうするのか?
      • 4 呼吸停止の主な原因と考えられるもの
    • Ⅴ 神経
      • 1 意識
      • 2 神経系
        • ⑴ 中枢神経系
        • ⑵ 末梢神経系
    • Ⅵ 循環器
      • 1 循環器系の解剖
      • 2 心臓
      • 3 脈拍の観察
      • 4 人体の重要な動脈
      • 5 血圧
      • 6 胸骨圧迫のメカニズム
    • Ⅶ 血液
      • 1 血液成分
      • 2 血液の凝固作用
      • 3 血液型
  • 第3章 応急手当の重要性(普通救命講習テキスト第1章から引用)
    • Ⅰ 応急手当の目的
    • Ⅱ 応急手当の必要性
    • Ⅲ 突然死を防ぐために
      • 1 成人の突然死とその徴候
      • 2 子どもの突然死とその予防
  • 第4章 救命処置(普通救命講習テキスト第2章から引用)
    • Ⅰ 用語の定義
    • Ⅱ 心肺蘇生
      • 1 周囲の安全確認
      • 2 反応の確認
      • 3 大声で助けを求め、119 番通報とAED の搬送を依頼する
      • 4 呼吸の確認
      • 5 心肺蘇生
        • ⑴  胸骨圧迫
        • ⑵  人工呼吸
        • ⑶  心肺蘇生の継続
      • 6 小児・乳児に対する心肺蘇生
        • ⑴  小児に対する心肺蘇生
        • ⑵  乳児に対する心肺蘇生
    • Ⅲ AED による除細動
      • 1 AED(自動体外式除細動器)とは
        • ⑴  AED(Automated External Defibrillator)とは
        • ⑵  心臓の動き
        • ⑶  「突然の心停止」の原因となる心臓の動き
      • 2 早期除細動の重要性
      • 3 AED による除細動
        • ⑴  AED による除細動の行い方
        • ⑵  こんなときはどうするの?
        • ⑶  AED の設置場所
        • ⑷  AED の保守管理
      • 4 シナリオトレーニング
        • 実技効果確認表
    • Ⅳ 気道異物除去
      • 1 気道異物除去とは
      • 2 気道異物除去の対象者
      • 3 成人・小児に対する気道異物除去
        • ⑴  背部叩打法
        • ⑵  腹部突き上げ法
      • 4 乳児に対する気道異物除去
        • ⑴  背部叩打法
        • ⑵  胸部突き上げ法
      • 5 気道異物除去中に反応がなくなった傷病者に対する救命処置
  • 第5章 応急手当の指導要領
    • Ⅰ 応急手当指導の概要
      • 1 指導の目的
      • 2 指導の重要性
      • 3 指導主眼
      • 4 指導項目
    • Ⅱ 応急手当指導技法
      • 1 応急手当普及員としての条件
      • 2 応急手当普及員の心構え
      • 3 指導時の留意事項
      • 4 指導力の向上
      • 5 指導の5段階
        • ⑴ 準備
        • ⑵ 提示
        • ⑶ 応用
        • ⑷ 試験
        • ⑸ 評価
      • 6 指導の役割
      • 7 指導の仕方
        • ⑴ 話の運び方
        • ⑵ 興味の持続
        • ⑶ 強調
        • ⑷ むすび
      • 8 話し方
        • ⑴ 話し方の重要性
        • ⑵ 話し方に影響するもの
      • 9 レッスンプラン
        • ⑴ レッスンプランの必要性
        • ⑵ レッスンプランの作成
    • Ⅲ 応急手当指導の実際
      • 1 指導の一般的手順
        • ⑴ 役割分担
        • ⑵ 資器材の準備
        • ⑶ 指導の開始
        • ⑷ 救命処置の指導
        • ⑸ 指導の終了
        • ⑹ 終了後
        • ⑺ 反省
      • 2 市民が行う一次救命処置の手順
      • 3 AED を用いた心肺蘇生の指導上のポイント
        • ⑴ 周囲の安全確認
        • ⑵ 反応の確認
        • ⑶ 大声で助けを求め、119 番通報とAED の搬送依頼
        • ⑷ 呼吸の確認
        • ⑸ 心肺蘇生(胸骨圧迫と人工呼吸)
        • ⑹ AED
        • ⑺ AED を用いた小児に対する心肺蘇生
        • ⑻ 乳児に対する心肺蘇生
        • ⑼ 気道異物除去
        • ⑽ 止血
  • 第6章 その他の応急手当(ファーストエイド)(上級救命講習テキスト第3章から引用)
    • Ⅰ 用語の定義
    • Ⅱ 止血法
      • 1 止血法の対象者
      • 2 止血の方法
      • 3 血液感染防止
    • Ⅲ 外傷の応急手当
      • 1 包帯法
        • ⑴  包帯法の目的
        • ⑵  包帯の材料
        • ⑶  包帯法実施上の注意点
        • ⑷  三角巾を活用した包帯法の行い方
      • 2 骨折の応急手当
        • ⑴  骨折の主な症状
        • ⑵  骨折の応急手当
        • ⑶  固定の原則
        • ⑷  固定の行い方
      • 3 熱傷(やけど)の応急手当
        • ⑴  熱傷の重症度
        • ⑵  熱傷の応急手当
    • Ⅳ 特殊な傷病とその応急手当
      • 1 けいれん
      • 2 気管支喘息
      • 3 アナフィラキシー
      • 4 熱中症
      • 5 低体温症
      • 6 溺 水
        • ⑴  水中からの救助
        • ⑵  溺水時の応急手当
      • 7 毒 物
      • 8 毒へび
      • 9 歯の損傷
    • Ⅴ 傷病者管理
      • 1 衣類を緩める
      • 2 保温法
      • 3 体位管理
    • Ⅵ 搬送法
      • 1 搬送の原則
        • ⑴  搬送の原則
        • ⑵  搬送の注意事項
      • 2 徒手搬送
        • ⑴  一人で行う搬送
        • ⑵  二人で行う搬送
      • 3 担架搬送
        • ⑴ 搬送準備
        • ⑵ 搬送開始
        • ⑶  搬送の行い方
  • 第7章 救急車の利用方法(上級救命講習テキスト第4章から引用)
    • Ⅰ 救急車の適正利用
    • Ⅱ 救急車の対象となる傷病者
    • Ⅲ 救急車要請の行い方
    • Ⅳ 到着した救急隊員に伝える内容
  • 第8章 Q&A
    • Q&A 167
  • 第9章 資料
    • 関係通知
  • 付録
    • 東京の救急医療機関
    • トリアージについて
    • 日本救急医療財団全国AED マップ
    • 東京消防庁救急相談センター
    • 東京都医療機関案内サービス
    • 東京民間救急コールセンター
    • 患者等搬送事業(民間救急)の制度
    • サポートCab(タクシー)
    • 救急車の適正利用の推進と利用者の責務
    • 救急事故を防ぐために
    • 救急蘇生法と法律
    • 救命現場のストレス

おすすめ商品

  • 応急手当講習テキスト (表紙)
    一般財団法人 救急振興財団 編集
    A4判 44ページ
    139 円+税
  • 応急手当指導者標準テキスト (表紙)
    応急手当指導者標準テキスト改訂委員会 編集
    A4判 224ページ
    3,400 円+税
  • 上級救命講習テキスト (表紙)
    B5判 オールカラー 104ページ
    1,910 円+税
  • ポケットブック応急手当 (表紙)
    佐々木 勝(日本大学客員教授)
    90mm×55mm(名刺サイズ) 20ページ
    56 円+税
  • 普通救命講習テキスト (表紙)
    B5判 オールカラー 68ページ
    1,091 円+税
  • 応急手当普及員再講習テキスト (表紙)
    B5判 4色刷(一部1色) 144ページ
    4,364 円+税
  • 消防基本六法 (表紙)
    消防法規研究会 編集
    A5判 1458ページ
    2,000 円+税
  • 普通救命講習テキスト 〜生徒編〜 (表紙)
    A4判 オールカラー 40ページ
    546 円+税
  • E.M.T Support Book (表紙)
    監修/山本保博(東京曳舟病院病院長、日本医科大学救急医学名誉教授)、石原哲(東京曳舟病院名誉院長)
    編集/公益財団法人東京防災救急協会
    ポケットサイズ(外寸:140mm×80mm)
    ダブルリング製本
    オールカラー 118ページ
    2,300 円+税
  • 防災訓練マニュアル (表紙)
    B5判 80ページ
    1,000 円+税
  • 指揮隊の活動要領 (表紙)
    監修 東京消防庁
    B5判 178ページ
    1,700 円+税
  • 少年少女のための入門応急手当 (表紙)
    編集協力:消防庁
    編集・発行:一般財団法人日本防火・防災協会
    B5判 16ページ
    100 円+税
  • 訓練指導マニュアル (表紙)
    東京消防庁 監修
    B5判 208ページ
    2,000 円+税
  • 査察マスター (表紙)
    消防道研究会 編著
    B5判 440ページ
    3,000 円+税
  • 最新消防模擬問題全書 (表紙)
    消防実務研究会 編著
    A5判 576ページ
    2,200 円+税
  • 防災ガイドブック (表紙)
    A4判 20ページ
    170 円+税
  • 救急手技の基本とポイント (表紙)
    玉川 進 編著
    B5判 オールカラー 160ページ
    2,400 円+税
  • 実例火災調査書類 (表紙)
    名古屋市消防局 編著
    A5判 288ページ
    1,700 円+税
  • ポンプ車運用技術 (表紙)
    東京消防庁 監修
    A5判 144ページ
    1,600 円+税
  • イラストで学ぶ火災防ぎょ (表紙)
    火災防ぎょ教育研究会 菊地 勝也 編著
    B5判 200ページ
    1,600 円+税

関連商品
患者等搬送乗務員基礎講習テキスト (表紙)
B5判 224ページ
4,728 円+税
上級救命講習テキスト (表紙)
B5判 オールカラー 104ページ
1,910 円+税
応急手当指導者標準テキスト (表紙)
応急手当指導者標準テキスト改訂委員会 編集
A4判 224ページ
3,400 円+税
応急手当講習テキスト (表紙)
一般財団法人 救急振興財団 編集
A4判 44ページ
139 円+税