関連分野   消防・防災/警防  

4訂版 イラストでわかる
消防訓練マニュアル

編著/監修
消防教育訓練研究会 菊地勝也 編著
体裁
B5判  256ページ
定価
2,530 円(消費税込み)
本体価格+税
2,300 円+税
ISBN
ISBN978-4-8090-2419-1
C3030 \2300E
発行日
平成28年10月1日
4訂版発行
内容見本を見る

お買い物かごに入れる

本書の特長

  • 消防職団員には馴染みの薄い「易操作性1号消火栓」の項目も新たに追加登載。
  • 消防訓練礼式、応急手当、消防ポンプ操法・小型ポンプ操法などの消防訓練を、図とイラストによりわかりやすく解説。
  • 「JRC蘇生ガイドライン2015」に対応した、人気の爛ぅ薀好肇轡蝓璽梱畭塰召硫訂版。

改訂に寄せて

4訂版を発行するに当たり、まず私どもが目指したのは、消防という専門性が高く、分かりにくい資機材や操法を少しでも理解しやすくするため、図・イラストを多用した訓練の実態に即した手引書の提供です。また、消防を取り巻く環境は複雑・多様化し、その対応を図るため技術革新が進んでいます。これらのことを念頭に置き、定番の資機材等に限定することなく、最新の情報を組み入れることで、災害現場で活躍する消防職団員の皆様の手助けとなるテキストといたしました。

今回の改訂作業では、消防隊が現場で使用することを想定していないため消防職団員には馴染みの薄い「易操作性1号消火栓」の項目を新たに追加し、内容の一層の充実を図りました。

また、JRC蘇生ガイドライン2015の公表に伴い応急手当についても改訂作業をし、傷病者が心停止かどうかの判断に自信が持てない場合でも、直ちに胸骨圧迫をすることとなりました。さらに、JRC蘇生ガイドライン2015では「ファーストエイド」の章が設けられたため、本書では「その他の応急手当(ファーストエイド)」といたしました。

今後も、読者の皆様からご意見を賜りながら必要な改善に努め、更に良い教本となるよう努力してまいります。

平成28年7月

消防教育訓練研究会  菊地 勝也


はじめに

消防の初心者にとっては、消防訓練等は専門用語が多く、なかなかその内容を理解しにくいものがあります。

現在、消防教科書をはじめとして参考書や解説書が刊行されていますが、解説書の解説が欲しいくらい難解であることから、初心者の悩みは尽きないところです。

消防の入り口のところでは、いろいろな解説書を読んではみたが、何かもう一つイメージできず、釈然としない、いわゆるストレス兆候の出る段階でもあるのです。

そこで、この本は全体像を明らかにしながら、部分的な解説を行うとともに、基本的な事柄を確実に理解することをねらいとして工夫してみました。

本書は、イラストレーションを中心にそれらの動きを解説したもので、これならば、初心者の方々にも親しみを感じながら、抵抗感なく消防訓練等に入門していただけるものと思っております。

この本を基にして、ある程度理解を深めて、次のステージへ階段を上がっていただくための入門書として活用されるよう希望するものです。

平成13年6月

消防教育訓練研究会  菊地 勝也


目次

  • 第1章 訓練礼式
    • 第1節 各個訓練
      • 1 基本の姿勢
      • 2 整列休めの姿勢
      • 3 休めの姿勢
      • 4 右(左)向け動作
      • 5 後ろ向き動作
      • 6 速足行進の要領
      • 7 速足行進の停止要領
      • 8 右(左)向け発進
      • 9 行進中の右(左)向け
      • 10 右(左)向け停止の要領
        • 1 右向け停止の場合
        • 2 左向け停止の場合
      • 11 斜行進
      • 12 行進中の後ろ向きの要領
      • 13 かけ足行進の要領
      • 14 かけ足行進の後ろ向きの要領
      • 15 かけ足行進の停止の要領
      • 16 速足行進からかけ足行進への移行の要領
      • 17 足踏み及び足踏みの停止の要領
      • 18 足踏みから速足(かけ足)への移行の要領
      • 19 足の踏みかえの要領
      • 20 速足で行動中の右(左)向き停止の要領
      • 21 度の深い右(左)向き要領
    • 第2節 礼式
      • 1 敬礼の種類
      • 2 敬礼動作
        • 1 挙手注目の敬礼
        • 2 最敬礼
        • 3 かしら右(中、左)及び注目の敬礼
        • 4 姿勢を正す敬礼
        • 5 注目の敬礼
      • 3 目迎目送の要領
      • 4 室内で辞令・賞状等の受領
      • 5 室外で辞令・賞状等の受領
      • 6 旗の敬礼
        • 1 停止間の旗の敬礼
        • 2 行進中の旗の敬礼
    • 第3節 部隊訓練
      • 1 小隊編成未了時の集合要領
      • 2 横隊の整頓
        • 1 右へ―ならえの姿勢
        • 2 左へ―ならえの姿勢
      • 3 人員の掌握
      • 4 縦隊の集合
      • 5 縦隊の整頓
      • 6 縦隊の人員掌握
      • 7 横隊の整頓の的確性
      • 8 小隊の編成
      • 9 横隊の右(左)向き
      • 10 横隊の直行進
        • 1 行進中の右向き
        • 2 行進中の左向き
      • 11 側面縦隊から同方向への横隊変換
      • 12 行進間の側面縦隊から同方向へ横隊変換
      • 13 行進中の横隊の側面縦隊への変換
      • 14 小隊の解散
      • 15 側面縦隊及び縦隊の方向変換
        • 1 側面縦隊及び縦隊の半ば方向変換
        • 2 45度以外の方向変換
      • 16 側面縦隊の行進及び停止
        • 1 側面縦隊の行進中の左向き
        • 2 側面縦隊の行進中の右向き
      • 17 縦隊の行進中の方向変換
        • 1 縦隊の行進中の左向き
        • 2 縦隊の行進中の右向き
      • 18 縦隊の停止間から縦隊の右(左)向け発進
      • 19 側面縦隊の行進中の左(右)向き停止
        • 1 側面縦隊の行進中の左向き停止
        • 2 側面縦隊の行進中の右向き停止
      • 20 斜行進の要領
      • 21 みち足行進の要領
      • 22 小隊の行進の停止
      • 23 方向変換、隊形変換等
        • 1 横隊が停止間において方向変換する場合
        • 2 横隊が行進間において方向変換する場合
        • 3 行進方向を変え停止する場合
        • 4 行進中に半ば右(左)に方向を変換する場合
    • 第4節 通常点検
      • 1 隊員の集合及び部隊編成
      • 2 点検者の臨場
      • 3 人員等の報告
      • 4 点検準備
      • 5 手帳の点検
      • 6 点検実施上の留意点
      • 7 点検の終了
    • 第5節 部隊行進
      • 1 分列行進
      • 2 観閲の隊形
        • 1 徒歩での観閲
        • 2 車両での観閲
  • 第2章 消防用設備
    • 第1節 消防用設備
      • 1 火災事例
      • 2 屋内・屋外消火栓設備の構造
      • 3 消火栓ポンプの起動装置の種類
        • 1 消火栓始動用押ボタン
        • 2 P型発信機
      • 4 屋内消火栓の種類
        • 1 1号消火栓
        • 2 易操作性1号消火栓
        • 3 2号消火栓
        • 4 消火栓の停止要領
        • 5 防火戸
        • 6 防火シャッター
    • 第2節 屋内消火栓操法
      • 1 消火栓操法の基本的事項
        • 1 屋内消火栓の基本的な取扱い
        • 2 用語の意義
        • 3 操作実施上の留意事項
        • 4 ホースの結合及び離脱要領
        • 5 操法の人員
        • 6 使用ホース
        • 7 意図の伝達及び要領
        • 8 集合、点呼等の号令及び要領
        • 9 ホースの取扱要領
      • 2 屋内消火栓基本操法
  • 第3章 応急手当(救急法)
    •  
      • 1 救命処置
        • 1 心肺蘇生法
        • 2 AED(自動体外式除細動器)の使用
        • 3 気道異物の除去
      • 2 その他の応急手当(ファーストエイド)
        • 1 傷病者の管理方法
        • 2 搬送法
        • 3 止血法
        • 4 傷に対する応急手当
        • 5 やけど(熱傷)に対する応急手当
        • 6 その他の応急手当
      • 3 感染症の対応
  • 第4章 消防ポンプ
    • 第1節 消防ポンプの概要
      • 1 ポンプの定義
      • 2 ポンプの種別
      • 3 ポンプの型式
      • 4 渦巻ポンプの特徴
        • 1 長所
        • 2 短所
      • 5 渦巻ポンプの構造
      • 6 呼び水
      • 7 消防ポンプの呼水装置
        • 1 真空ポンプ
        • 2 止水弁
        • 3 逆止弁
        • 4 真空ポンプクラッチ及び自動切断弁
        • 5 自動放口閉塞弁(逆止弁)
      • 8 遠心ポンプの構造
        • 1 羽根車(インペラー)
        • 2 案内羽根
        • 3 渦巻室(ケーシング)
        • 4 密封装置(パッキン類)
      • 9 消防ポンプの各装置
        • 1 ポンプ駆動装置
        • 2 主ポンプ(ポンプ本体)
      • 10 消防ポンプの構造と機能
        • 1 メインポンプ(主ポンプ)
        • 2 放水配管
        • 3 吸水配管
        • 4 冷却装置
        • 5 エジェクター装置
        • 6 流量計
        • 7 エンジンガバナ
        • 8 ポンプ圧力制御装置
    • 第2節 ポンプの取扱い要領
      • 1 使用前の点検
      • 2 無圧水利による操作
      • 3 有圧水利(消火栓)による操作
      • 4 放水一時停止
      • 5 放水停止操作
      • 6 中継送水操作
      • 7 ポンプの取扱い上の注意事項
      • 8 ポンプの故障と原因
      • 9 漏気箇所
      • 10 キャビテーション(cavitation)現象
      • 11 エンジン出力
      • 12 給油脂
      • 13 放水量の測定
      • 14 凍結防止装置
      • 15 乾燥真空試験
      • 16 計器類
      • 17 ブルドン管
      • 18 流量計
    • 第3節 可搬消防ポンプ(小型ポンプ)
      • 1 2サイクルエンジンの潤滑装置
        • 1 潤滑装置
        • 2 燃料の取扱上の注意事項
      • 2 放水部
        • 1 主ポンプ
        • 2 真空ポンプ
        • 3 止水弁・逆止弁
    • 第4節 ポンプの故障と原因
      • 1 揚水しない
      • 2 揚水する
      • 3 計器に現れる異常とその原因
      • 4 騒音、振動の発生
      • 5 発熱
      • 6 保守・点検
  • 第5章 消防ポンプ操法
    • 第1節 消防ポンプ操法の基準
      • 第1条(目的)
      • 第2条(用語の意義等)
      • 第3条(操法実施上の留意事項)
      • 第4条(指揮者の留意事項)
      • 第5条(意図の伝達及び要領)
      • 第6条(集合、点呼、想定、定位、点検、解散及び休憩の号令並びに要領)
      • 第7条(消防用器具操法の種別)
      • 第8条(器具操作の姿勢)
      • 第9条(筒先各部の名称及び定位)
      • 第10条(筒先を背負う要領)
      • 第11条(筒先をおろす要領)
      • 第12条(筒先の結合要領)
      • 第13条(筒先の離脱要領)
      • 第14条(基本注水姿勢)
      • 第15条(注水補助)
      • 第16条(注水姿勢の変換)
      • 第17条(注水方向の変換)
      • 第18条(注水位置の変換)
      • 第19条(注水形状の変換)
      • 第19条の2(筒先員の交替)
      • 第20条(筒先の収納)
      • 第21条(ホースの各部の名称及び定位)
      • 第22条(二重巻ホースをつくる要領)
      • 第23条(折りたたみホースをつくる要領)
      • 第24条(ホースの結合要領)
      • 第25条(ホースの離脱要領)
      • 第26条(二重巻ホースの延長)
      • 第27条(折りたたみホースの延長)
      • 第28条(ホースの格納)
      • 第29条(ホースカー各部の名称及び定位)
      • 第30条(ホースをホースカーに積み込む要領)
      • 第31条(ホースカーによるホース延長)
      • 第32条(ホース及びホースカーの収納)
      • 第33条(吸管各部の名称及び定位)
      • 第34条(消防ポンプ自動車の吸管伸長)
      • 第35条(消防ポンプ自動車の吸管収納)
      • 第36条(小型ポンプの吸管伸長)
      • 第37条(小型ポンプの吸管収納)
      • 第38条(とび口各部の名称及び定位)
      • 第39条(とび口搬送)
      • 第40条(とび口の基本のかまえ)
      • 第41条(とび口の収納)
      • 第42条〜第63条[略]
    • 第2節 消防ポンプ操法
      • 第64条(消防ポンプ操法の種別)
      • 第65条(ポンプ車、タンク車及び小型ポンプ各部の名称及び定位)
      • 第66条(水利、使用ホース数及び余裕ホース)
      • 第67条(放水開始及び放水中止の伝達要領)
      • 第68条(放水開始及び放水中止の受達要領)
      • 第69条(操法の開始)
      • 第70条(放水中止)
      • 第71条(収納)
      • 第72条(第2線延長)
      • 第73条(放水中止)
      • 第74条(収納)
    • 第3節 第1線延長
      • 開始報告要領
      • 想定の付与
      • 待機・集合等
      • 自主整頓要領
      • 点呼
      • 乗車
      • 乗車要領
      • 下車
    • 第4節 第2線延長
      • 点検報告
      • 終了報告
      • 退場
      • 解散
    • 第5節 小型ポンプ操法
      • 待機・集合等
      • 自主整頓要領
      • 点呼
      • 開始報告要領
      • 想定付与
      • 定位

おすすめ商品

  • 救助訓練マニュアル (表紙)
    消防教育訓練研究会 菊地 勝也 編著
    B5判 224ページ
    2,420 円(税込み)
  • イラストで学ぶ火災防ぎょ (表紙)
    火災防ぎょ教育研究会 菊地 勝也 編著
    B5判 200ページ
    1,760 円(税込み)
  • 消防基本六法 (表紙)
    消防法規研究会 編集
    A5判 1502ページ
    2,420 円(税込み)
  • ポンプ車運用技術 (表紙)
    東京消防庁 監修
    A5判 144ページ
    1,760 円(税込み)
  • 消防活動マニュアル (表紙)
    監修 東京消防庁
    B5判 264ページ
    2,970 円(税込み)
  • 消防救助技術必携 (表紙)
    名古屋市消防局 編著
    A5判 560ページ
    2,970 円(税込み)
  • 査察マスター (表紙)
    消防道研究会 編著
    B5判 440ページ
    3,300 円(税込み)
  • 消防団員実務必携 (表紙)
    編著 消防学校消防団員教育研究会
    A4判 208ページ
    1,760 円(税込み)
  • 目で見る規律訓練 (表紙)
    福岡市消防学校 監修 世利耕一 編著
    B5判 56ページ
    990 円(税込み)
  • 消防車の運行と点検整備 (表紙)
    東京消防庁 監修
    A5判 148ページ
    1,980 円(税込み)
  • 指揮隊の活動要領 (表紙)
    監修 東京消防庁
    B5判 178ページ
    1,980 円(税込み)
  • 火災報告取扱要領ハンドブック (表紙)
    防災行政研究会 編著
    B5判 464ページ
    3,190 円(税込み)
  • 木造建築物の火災特性を踏まえた消防活動の安全管理対策 (表紙)
    編集 全国消防長会
    協力 東京消防庁
    発行 財団法人 全国消防協会
    B5判 DVD付 96ページ
    2,095 円(税込み)
  • 応急手当講習テキスト (表紙)
    一般財団法人 救急振興財団 編集
    A4判 44ページ
    165 円(税込み)
  • 応急手当指導者標準テキスト (表紙)
    応急手当指導者標準テキスト改訂委員会 編集
    A4判 240ページ
    3,960 円(税込み)
  • 実例火災調査書類 (表紙)
    名古屋市消防局 編著
    A5判 288ページ
    1,980 円(税込み)
  • E.M.T Support Book (表紙)
    監修/山本保博(東京曳舟病院病院長、日本医科大学救急医学名誉教授)、石原哲(東京曳舟病院名誉院長)
    編集/公益財団法人東京防災救急協会
    ポケットサイズ(外寸:140mm×80mm)
    ダブルリング製本
    オールカラー 118ページ
    2,750 円(税込み)
  • 最新消防模擬問題全書 (表紙)
    消防実務研究会 編著
    A5判 576ページ
    2,420 円(税込み)
  • 災害時の情報活動マニュアル (表紙)
    監修 東京消防庁
    B5判 112ページ
    1,760 円(税込み)
  • 火災調査書類の書き方 (表紙)
    調査実務研究会
    B5判 184ページ
    1,870 円(税込み)

関連商品
イラストで学ぶ火災防ぎょ (表紙)
火災防ぎょ教育研究会 菊地 勝也 編著
B5判 200ページ
1,760 円(税込み)
救助訓練マニュアル (表紙)
消防教育訓練研究会 菊地 勝也 編著
B5判 224ページ
2,420 円(税込み)
消防救助操法 (表紙)
名古屋市消防局 編著
A4判 132ページ
1,650 円(税込み)
消防救助技術必携 (表紙)
名古屋市消防局 編著
A5判 560ページ
2,970 円(税込み)
目で見てわかる消防訓練礼式 (表紙)
北海道消防訓練礼式研究会
A4判 104ページ
1,320 円(税込み)