創刊半世紀の月刊誌
 2005年3月号
 A5判 128頁

ISSN 0286−8490
定期購読のお申し込みは
お電話(0120-338-921)
または
富士山マガジンサービス にて
承っております。富士山マガジンサービス〔捜査研究〕
創刊半世紀の“捜査専門誌”が生まれ変わりました!
〈特色1〉 擬律判断に役立つ事例紹介や実戦的な判例解説を多数掲載!
〈特色2〉 法改正や新法の解説など必須の情報をいち早く提供!
〈特色3〉 「捜査力」と「教養」の向上を図るため、警察官・検察官らによる随想や幹部教養のための論文など、内容をさらに充実!
〈特色4〉 読みやすさ、分かりやすさを追求し、視覚的要素を一新。A5判化!
<臨時増刊号 好評発売中です。>

判例は生きた教訓。適正かつ迅速な捜査活動のために!!

今年の臨時増刊号「任意活動・任意捜査、逮捕・押収、自首、接見交通、訴因の特定編」はこちら
昨年の臨時増刊号「捜索・差押え、違法収集証拠排除法則編」はこちら

2005年 3月号<目次
【今月の見どころ】
「組織犯罪対策要綱の制定について(前編)」
組織犯罪対策部の設置により、これまでの各部門ごとの要綱が発展的に一体化された。本稿では、要綱制定に至る経緯と組織犯罪対策各部門に共通する事項を解説。
「実例捜査セミナー」
今月は「振り込め詐欺」事犯の捜査処理、既遂時期・罪数などの検討、公判実績などを事例に基づき解説。
「最近の窃盗犯罪の現状と課題について(後編)」
体感治安に大きな影響を与える侵入盗・自動車盗、金融機関のATMを対象とした窃盗犯、来日外国人すり犯を中心に現状と課題を解説。

実務編 <捜査実務に役立つ事例紹介、法改正情報など>
【捜査実務】
組織犯罪対策要綱の制定について(前)
警察庁刑事局組織犯罪対策部企画分析課課長補佐 久田誠

最近の窃盗犯罪の現状と課題について(後)
警察庁刑事局捜査第一課課長補佐 堤康次郎

知能犯捜査のための民事法教室(第6回)
警察大学校財務捜査研修センター教授 鶴岡文人

自動車の運転による業務上過失致死罪に関する犯罪事実の書き方(第6回)
各論(4) 道路上の歩行者等に対する事故
東京高等検察庁(元さいたま地方検察庁交通部長)検事 圓山慶二

古物営業法施行規則の一部改正について
警察庁生活安全局生活安全企画課

事例に学ぶ 交通事故事件捜査(第6回)  歩行者事故
(財)日本自動車研究所 山崎俊一

海上保安事件の研究(第4回)
ラズエズノイ号領海侵犯事件(領海警備の根拠法としての船舶法第3条違反、不開港場寄港の罪の判例)
海上保安大学校名誉教授・呉大学社会情報学部教授 廣瀬肇

【実例捜査セミナー】
いわゆる「振り込め詐欺」型の広域通信恐喝事件の捜査処理
東京地方検察庁検事 田渕大輔

振り込め詐欺・恐喝事犯における一考察
東京地方検察庁検事 水本和彦

【科学捜査】
検証 ハイテク犯罪の捜査(第44回)
 情報漏えい犯罪の捜査(技術編)
横浜地方検察庁検事 大橋充直

【実務に役立つ判例】
連載再開 ! 国家賠償請求事件の裁判例からみた警察活動をめぐる諸問題(第18回)
国賠訴訟判例研究会

組長の使用者責任に関する最高裁判例の考察
(最高裁第二小法廷判決 平成16年11月2日)
倭綜合法律事務所弁護士 土橋博孝

文献紹介(第119回)
 『証拠の森−刑事訴訟法研究−』(山田道郎著)
獨協大学法科大学院助教授 清水真

捜査に役立つ! 英語
Book Land 『犯罪科学捜査』
(ザカリア・エルジンチリオール著)
捜査関係ファイル 1月のできごと
※ 『特別刑法の諸問題』は休載いたしました。

論壇・随想編 <「捜査力」と「教養」の向上を図るための論壇、随想など>
【警察官の信条】
かんく一代記(最終回)
 終章 日航機墜落現場に立つ
飯塚 訓

【論壇】
インクのしずく(第71回)
 『警察署長の犯罪』
帝京大学教授・法学博士 土本武司

【随想】
実録・事件捜査と人間模様(第6回)
 奇怪な事件(その2)
菊池興安

検事の視点 捜査・公判アラカルト(第3回)
 初動捜査
古賀由紀子

Book Land 『さまよう刃』(東野圭吾 著)


誌面についてのご意見・お問い合わせは こちら