創刊半世紀の月刊誌
2006年5月号
A5判 128頁
内容見本


ISSN 0286−8490
定期購読のお申し込みは
お電話(0120-338-921)
または
富士山マガジンサービス にて
承っております。富士山マガジンサービス〔捜査研究〕
創刊半世紀の“捜査専門誌”が生まれ変わりました!
〈特色1〉 擬律判断に役立つ事例紹介や実戦的な判例解説を多数掲載!
〈特色2〉 法改正や新法の解説など必須の情報をいち早く提供!
〈特色3〉 「捜査力」と「教養」の向上を図るため、警察官・検察官らによる随想や幹部教養のための論文など、内容をさらに充実!
〈特色4〉 読みやすさ、分かりやすさを追求し、視覚的要素を一新。A5判化!
<臨時増刊号「判例から学ぶ 捜査手続の実務」シリーズの新ラインナップ 発売中!>
判例は生きた教訓。適正かつ迅速な捜査活動のために!!
定価 1,800円(税込)
詳細はこちら≫
シリーズ第3弾では、「取調べ」のほか、近年の重要論点として、「被害・犯行再現状況書証の証拠能力」、「接見交通」、「防犯ビデオ」などに関する判例を、捜査実務に即して徹底解説します。

第2弾「任意活動・任意捜査、逮捕・押収、自首、接見交通、訴因の特定編」
第1弾「捜索・差押え、違法収集証拠排除法則編」

第4弾で取り上げてほしいテーマがございましたら、 police-law@tokyo-horei.co.jp までお寄せください。
2006年 5月号<目次
【今月の特集】
最新判例解説 妻と離婚係争中の夫が、妻の監護養育下にある2歳の子を有形力を用いて連れ去った行為につき、未成年者略取罪が成立するとされた事例(平成17年12月6日最高裁第三小法廷決定)
未成年者略取誘拐罪の「主体と保護法益」、「違法性の判断」の各論点について整理し、判旨を解説します。特に、違法性が阻却されるべき事情の存否を判断する具体的事例として、ご活用いただけるものと思います。
軽油引取税の脱税防止対策の強化について(上)
組織的に敢行されることの多い「軽油引取税の脱税事犯」への対策につき、近時の取締り事例に触れつつ分かりやすく解説します。(下)と併せて必携としてご活用ください。今月は軽油引取税の概要、軽油引取税の脱税の仕組みについて解説。
公権力の行使にかかわる業務の民間委託について〜刑務所業務の民間委託に関する法制度を題材として〜(上)
刑務所業務の民間委託をめぐる諸外国の事例を紹介しつつ、我が国における法制化の検討の経緯について解説します。公権力の行使にかかわる業務の民間委託は、建築物の構造計算書検査の業務をはじめ、現在議論になっているテーマです。
【好評連載中】
来日外国人犯罪捜査における捜査書類作成等のポイント(第2回)
来日外国人犯罪捜査の実例を踏まえ、取調べ等手続上の基本的な問題を解説。関連する判例及び捜査書類(特に供述調書)作成のポイント解説も盛り込みました。第2回は各論として、「殺人及び強盗事件」を取り上げます。
はじめての組織的犯罪処罰法(第3回)
「組織的な犯罪に対する処罰の強化」と「犯罪収益規制」に活用できる「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律」をわかりやすく解説した待望の連載。連載第3回は「組織的犯罪処罰法3条2項の適用とその要点」を解説します。主人公の丸子警部は、「不正権益の維持を目的とした犯行」の立証に無事対応できたのでしょうか。
「ポイント整理 実務のための刑法各論ノート」(第12回)
現場執行力の強化に直結する待望の連載。刑法及び関連する特別刑法の中から、警察官の実務で取り扱う頻度が高い事案について「擬律判断のポイント」をまとめました。第12回は、「通貨偽造の罪」を解説します。
実務編 <捜査実務に役立つ事例紹介、法改正情報など>
【捜査実務】
最新判例解説 妻と離婚係争中の夫が、妻の監護養育下にある2歳の子を有形力を用いて連れ去った行為につき、未成年者略取罪が成立するとされた事例
法務省刑事局付 江見健一

来日外国人犯罪捜査における捜査書類作成等のポイント
 第2回 殺人及び強盗事件
警察庁国際捜査実務研究会

実戦誌上講義 はじめての組織的犯罪処罰法(3)
 組織的犯罪処罰法3条2項の適用とその要点
東京地方検察庁(前法務総合研究所教官)検事 松並孝二

軽油引取税の脱税防止対策の強化について(上)
総務省自治税務局都道府県税課間税係長(前警察庁刑事局刑事企画課) 棚瀬誠

<ポイント整理>実務のための刑法各論ノート
 第12回 通貨偽造の罪
獨協大学法科大学院教授 清水真・著(慶應義塾大学大学院法務研究科・法学部教授 安冨潔・監修)

検証 ハイテク犯罪の捜査(第57回)
 ハイテク犯罪の情状立証(続「経緯・動機」)
札幌高等検察庁検事 大橋充直

海上保安事件の研究(第15回)
 レインボウ・ウオーリア号に対して海上保安庁法第18条第2項が発動された事例
呉大学社会情報学部教授・海上保安大学校名誉教授 廣瀬肇

【実例捜査セミナー】
覚せい剤所持事件に対する捜査が不十分であったため、情況証拠を積み重ねても公訴事実が認定されなかった事例
さいたま地方検察庁検事 犬木寛

【組織運営】
公権力の行使にかかわる業務の民間委託について
 〜刑務所業務の民間委託に関する法制度を題材として〜(上)
法務省矯正局総務課PFI推進班(ロンドン大学キングスカレッジ法科大学院客員研究員) 吉野智

【コラム】
危機管理夜話(第14回)
 『新聞の隠れた主張』
元警視総監・エッセイスト 吉野準

文献紹介(第133回)
 『入札関連犯罪の理論と実務』(郷原信郎・著)
評者 獨協大学法科大学院助教授 清水真

捜査に役立つ! 英語
閑話休題(第13回) 郷に入りては……
元群馬県警察学校長 飯塚訓
捜査関係ファイル 3月のできごと
※ 「国家賠償請求事件の裁判例からみた警察活動をめぐる諸問題」(国賠訴訟判例研究会)、「事例に学ぶ 交通事故事件捜査」((財)日本自動車研究所 山崎俊一)は休載いたしました。

論壇・随想編 <「捜査力」と「教養」の向上を図るための論壇、随想など>
【随想】
吾、勁草たり得ず(第13回)
 盗品の流れに対する一考察
元警視庁池袋署長 黒木正一郎

実録・事件捜査と人間模様(第19回)
 嘆きあれこれ(その2)
元茨城県警察刑事部・生活安全部参事官 菊池興安
【論壇】
インクのしずく(第85回)
 『安楽死』
 『ミスジャッジ』
白鴎大学法科大学院教授・法学博士 土本武司


誌面についてのご意見・お問い合わせは こちら