創刊半世紀の月刊誌
2014年2月号
A5判 128頁
内容見本


ISSN 0286-8490
定期購読のお申し込みは
お電話(0120-338-921)
または
富士山マガジンサービス にて
承っております。xmR}KWT[rXk{l
創刊半世紀の“捜査専門誌”が生まれ変わりました!
〈特色1〉 擬律判断に役立つ事例紹介や実戦的な判例解説を多数掲載!
〈特色2〉 法改正や新法の解説など必須の情報をいち早く提供!
〈特色3〉 「捜査力」と「教養」の向上を図るため、警察官・検察官らによる随想や幹部教養のための論文など、内容をさらに充実!
〈特色4〉 読みやすさ、分かりやすさを追求し、視覚的要素を一新。A5判化!
<臨時増刊号>
「四段対照式 犯罪捜査規範」
現場捜査官のための犯罪捜査規範法令集を発刊!!
定価(1,905円+税)
詳細はこちら≫

「犯罪捜査規範」を逐条登載し、関連する「刑事訴訟法」、「刑事訴訟規則」、「関連条文」の条文を四段対照式として登載。捜査手続の根拠法条が一目で理解でき、検索にも便利な構成でお送りします。

2014年2月号目次
実務編 <捜査実務に役立つ事例紹介、法改正情報など>
【特集】
ストーカー規制法及び配偶者暴力防止法の一部改正と恋愛感情等のもつれに起因する暴力的事案に対する取組について
警察庁生活安全局生活安全企画課課長補佐 坂本俊介

【最新・判例解説(第19回)】
警察官が、覚醒剤使用の嫌疑がある被疑者につき、強制採尿令状の発付を受けて執行するため、これを公道上に留め置いた行為について、任意捜査として許容される範囲を逸脱したものとはいえないとされた事例(東京高裁判決平成25年5月9日(確定、東京高裁刑事裁判速報3492号))
法務省刑事局付 吉田雅之

【実例捜査セミナー】
犯罪事実の特定と被害者供述の信用性が問題となった児童虐待事案について
東京地方検察庁検事 松本麗

【検証 サイバー(ハイテク)犯罪の捜査(第73回)】
続・クラウド時代のサイバー捜査
NPOデジタル・フォレンジック研究会(IDF)会員 大橋充直

共犯による事後強盗致傷罪の成否と逮捕手続(第3回)
大阪地方検察庁検事 勝山浩嗣

【わかりやすい交通事故の捜査(第29回)】
第7章 実況見分調書の作成(その1)
警察庁指定広域技能指導官(交通鑑識) 澁澤敬造

【間接証拠による事実認定上の諸問題(第13回)】
山口組若頭高山清司に係る恐喝事件における間接事実及び間接証拠による事実認定(その1)
最高検察庁検事 城 祐一郎

【捜査官のためのデジタル・フォレンジック入門】
第9回・位置情報について
フォレンジックインベスティゲータ・公認不正検査士 大徳達也

【事例から学ぶ外国人犯罪のポイント】
第30回・ワーキング・ホリデー査証と資格外活動
芝浦工業大学非常勤講師法学博士・日韓比較法研究者 萬羽ゆり

【文献紹介(第194回)】
『刑事訴訟法(第2版)』(安冨潔著・三省堂)
評者:明治大学法科大学院教授 清水真

【書評】
『不正会計 早期発見の視点と実務対応』(宇澤亜弓著・清文社)
評者:最高検察庁検事 城 祐一郎

【ワンランク上のコーチング】
質問コーナー(第30回)
元中部管区警察局長 綿貫 茂


捜査関係ファイル 12月のできごと

論壇・随想編 <「捜査力」と「教養」の向上を図るための論壇、随想など>
身柄引受人(がらうけにん)-デカ部屋事件簿-  第5回 身柄引受人
元群馬県警察学校長 飯塚 訓

インクのしずく(178)
 続・被害者匿名の起訴
 五千万円事件
元最高検察庁検事 土本武司

Book Land
 『狼の牙を折れ-史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部』

※ 「国家賠償請求事件の裁判例からみた警察活動をめぐる諸問題」 「実録・事件捜査と人間模様」「元検察官のキャンパスノート」 「事例に学ぶ 交通事故事件捜査」「海上保安事件の研究」 「社会安全政策のための条例作成の簡易的技法」 は休載させていただきました。


 『捜査研究』発単行本 好評発売中!
『事例から学ぶ交通事故事件』
山崎 俊一 著

詳細はこちらから≫
『実例から学ぶ犯罪捜査のポイント』
大谷 晃大(監修)
范  陽恭(編集協力)

詳細はこちらから≫
『実務に役立つ会社法入門』
鶴岡 文人 著

詳細はこちらから≫
『捜査のための民法』
鶴岡 文人 著

詳細はこちらから≫
『君は一流の刑事になれ』
久保 正行 著

詳細はこちらから≫
『刑事眼』
三沢 明彦 著

詳細はこちらから≫

誌面についてのご意見・お問い合わせは こちら

「捜査研究」広告掲載のご案内は こちら