創刊半世紀の月刊誌
2019年10月号
A5判 128頁
内容見本
捜査研究 表紙

ISSN 0286-8490
定期購読のお申し込み、
及びこの号のご注文は
お電話 (0120-338-921)
または
富士山マガジンサービス でも
承っております。Fujisan.co.jpōw

「捜査研究」質問・意見・要望 募集コーナー

連載「親密圏内事案における警察の介入のあり方」、「録音録画時代の取調べの技術」についての質問や要望を募集いたします。下の「ご記入フォーム」からお寄せください。

「捜査研究」は皆様のご意見を基に作られています。上記連載に限らず、雑誌に希望することなどをぜひお寄せください。

ご記入フォームへ
<臨時増刊号>
四段対照式 犯罪捜査規範 【改訂版】
臨時増刊号 表示
定価(1,945円+税)
詳細はこちら≫
現場捜査官のための対照式法令集が、取調べの録音・録画制度全面施行に伴う最新の法改正に対応!
  • 取調べの録音・録画制度全面施行に伴う最新の法改正に対応。
  • 「犯罪捜査規範」を逐条登載した上で、関連する「刑事訴訟法」、「刑事訴訟規則」、「関係法令」を対照して登載。現場捜査官に必要な捜査手続の根拠が一目で理解できるよう構成。
  • 被疑者取調べ監督規則、民法、暴対法、死因・身元調査法等、実務に直結する関係法令のうち、現場で参照する箇所に絞って新登載。
2019年10月号目次
実務編 <捜査実務に役立つ事例紹介、法改正情報など>
新連載親密圏内事案における警察の介入のあり方(第1回)
京都産業大学教授(元警察大学校長)  田村正博

【最新 刑事判例研究(第57回)】
不保護罪の故意
日本大学大学院法務研究科客員教授 前田雅英

【最新・判例解説(第47回)】
(東京高裁判決 平成30.9.14)
法務省刑事局付 吉田利広

【実例捜査セミナー】
業務妨害罪の擬律について
東京地方検察庁検事 吉田興志

録音録画時代の取調べの技術(第4 回)
山口地方検察庁三席検事 山田昌広

【事例に学ぶ 交通事故事件捜査 101】
横断歩道を横断中の小学生を巻き込んで逃走した事件
(株)知能自動車研究所 山崎俊一

【特集1】
適正捜査の推進と交通捜査のさらなる発展のために(特別回・下)~ 危険運転致死傷罪~
元最高検察庁検事城祐一郎
青森県警察本部長村井紀之
千葉県警察本部交通捜査課 警察庁指定広域技能指導官入尾野良和
中日本高速道路(株)東京支社 保全・サービス事業部副部長那須 修

【特集2】
2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会におけるサイバー攻撃対策
警察庁警備局警備企画課専門官 古澤友美

【特集3】
「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」の概要
出入国在留管理庁政策課付 中西恭祐

海上保安事件の研究(第122回)
広島文化学園大学特任教授 海上保安大学校名誉教授 廣瀬 肇

【文献紹介 249】
『取調べハンドブック』
評者:明治大学法科大学院教授 清水 真


捜査関係ファイル 8月のできごと

Press Stage論壇・随想編 <「捜査力」と「教養」の向上を図るための論壇、随想など>
組織の失敗学(第15回)
 韓国に対する輸出管理の強化と今後の展望
樋口晴彦
Book Land(書評)
 『さよならの儀式』

※ 「捜査官のためのデジタル・フォレンジック入門」「検証 サイバー(ハイテク)犯罪の捜査」「【誌上講義】今更聞けない質問集」「元検察官のキャンパスノート」「基礎から学ぶ取調べ」「犯罪被害者支援と弁護士実務」「警察教養としての読書」「捜査の英語」 「インクのしずく」「実録・事件捜査と人間模様」「突然ですが、閑話休題」 は休載させていただきました。

バックナンバー

 『捜査研究』発単行本 好評発売中!
『事例から学ぶ交通事故事件』
『事例から学ぶ交通事故事件』
山崎 俊一 著

詳細はこちらから≫
『実例から学ぶ犯罪捜査のポイント』
『実例から学ぶ犯罪捜査のポイント』
大谷 晃大(監修)
范  陽恭(編集協力)

詳細はこちらから≫
『実務に役立つ会社法入門』
『実務に役立つ会社法入門』
鶴岡 文人 著

詳細はこちらから≫
『捜査のための民法』
『捜査のための民法』
鶴岡 文人 著

詳細はこちらから≫
『君は一流の刑事になれ』
『君は一流の刑事になれ』
久保 正行 著

詳細はこちらから≫
『刑事眼』
『刑事眼』
三沢 明彦 著

詳細はこちらから≫

「捜査研究」について 誌面についてのご意見・お問い合わせは こちら

「捜査研究」広告掲載のご案内は こちら