≫ 東京法令出版 ≫出版図書目録

ピックアップ

表紙画像:実戦CBRNeテロ・災害対処 事故・事件・テロでのよりよき現場対応のために
お買物かごへ

実戦CBRNeテロ・災害対処 事故・事件・テロでのよりよき現場対応のために

テロ等大規模災害時における多機関連携・現場対応解説書の決定版!

★テロ等大規模災害時における現地調整所の意義や各機関の心得を解説。
★地方公共団体、事業者等の対応に加え、メディアからの視点による広報、報道対応についても解説。
★被災者の身元確認の流れや被害者家族の支援対応を解説。
★テロや武力攻撃事態となる場合の法的根拠や手続の流れを解説。
★警察、消防、自衛隊、地方公共団体、医療機関など、各分野の第一人者がわかりやすく解説。
表紙画像:すぐわかる 子どもの病気・ケガ対応BOOK 普通救命講習III対応
お買物かごへ

すぐわかる 子どもの病気・ケガ対応BOOK 普通救命講習III対応

子どもに関わるすべての人必読!
この一冊で病気・ケガの対処法がすぐわかる

★0歳からおおよそ6歳の子どもによくある病気・ケガへの対処法をコンパクトにまとめました。
★救急車を呼ぶべきか、自分で病院へ連れて行くべきか。チェック項目から判断できます。
★子どもを守るためのケガの予防法、感染症の防ぎ方も掲載。
★普通救命講習IIIのカリキュラムにも対応! 講習で使えます。

名入れについて
 ご指定の団体名等を表紙下に刷り込みます別途料金15,000税別

お見積のご依頼について
 「お電話0120-338-272)」または「FAX(0120-338-923)」にて承ります。
 FAXでご依頼の場合は、左記の見積依頼書に必要事項をご記入のうえ送信願います。
表紙画像:2訂版 火災報告取扱要領のてびき
お買物かごへ

2訂版 火災報告取扱要領のてびき

★火災報告業務のベスト参考書。待望の改訂版がついに発刊!!
★『火災報告取扱要領ハンドブック』の照会に対する回答をADVICEとして追加しました。業務の中で生じた疑問の解決にお役立てください。
★読者から寄せられた質問にマイスターが回答した火災調査Q&Aを36問追加。実務の悩みをスムーズに解決できます。
★火災調査Q&Aの目次を細分化し、掲載順の見直しにより、スピーディーに探すことができます。
表紙画像:13訂版 消防団員実務必携
お買物かごへ

13訂版 消防団員実務必携

【本書の特長】
★豊富な資料やイラスト、写真を随所に挿入し、この1冊に必要な知識を全て網羅した、消防団員必携の書。

【主な改訂内容】
★消防車両の運転技術について追加
★消防団のドローン運用に関する解説を新たに追加
★応急担架及び搬送要領について内容を追加
★統計の数値・法令に関する記述を最新の内容に補正
表紙画像:平成30年新版 危険物六法
お買物かごへ

平成30年新版 危険物六法

危険物取扱者のための六法
本書は、危険物取扱の実務に関係の深い法令を厳選して登載し、読者の皆様から長年支持をいただいている六法です。また、危険物取扱者試験の受験者用講習テキストとしての機能も満載しており、試験対策に最適な書籍となっております。

「危険物用語索引」付!
危険物関係法令の条文で用いられている「用語」から、該当する条文の迅速かつ容易な検索が可能!

「法令・実務の要点解説」付!
「1 危険物法令の仕組み」に始まる全35項目に、危険物関係法令の理解を深めるポイントを収録。図や表を多用し、見やすく、分かりやすい体裁です。

表紙画像:平成30年新版 消防基本六法 (内容現在:平成30年2月10日)
お買物かごへ

平成30年新版 消防基本六法 (内容現在:平成30年2月10日)

★“見る・読む・調べる”使いやすさを追求したフレキシブルな六法で大好評!消防官必携!
★実務や講習・研修用に最適。

<今年度の主な改訂内容>
・消防法施行令の改正
 別表第1に掲げる防火対象物名の改正
・非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の改正
 補償基礎額に関する改正
表紙画像:認知症と交通安全 高齢ドライバーの認知機能
お買物かごへ

認知症と交通安全 高齢ドライバーの認知機能

★「誰にでも分かりやすい認知症の解説」と「運転時認知障害に気づくための早期発見チェックリスト」で、認知症について学ぶキッカケに!
★多発している「認知症による事故等の例」を掲載し注意を喚起。認知症と道路交通法の関係も最新の法令に合わせて図解。
★「加齢による物忘れ」と「認知症」の違いとは何か? 認知症の種類を紹介。
★「運転免許証の自主返納制度」についても掲載。
表紙画像:全訂版 国語教材
お買物かごへ

全訂版 国語教材

★若手警察官の実務をサポートしてきた国語教材が、このたび全面リニューアル!
★「話す」「書く」「メモする」の三本柱で分かりやすくなりました。
★「話す」パートには、すぐに使えるセリフ集を充実のボリュームで掲載。演習問題で実践を見据えたグループワークができます。
★「書く」パートでは、細かく分かりにくいルールのある公用文の書き方を詳細解説。特有の言い回しを適切に使い分けるスキルが身に付きます。
★職務に直結するメモは効率よく取ることが大事。「メモする」のパートでは情報をまとめるコツを紹介します。
★さらに巻末には公用文・法令における漢字使用・送り仮名の付け方など、頻出事項を厳選した用字用語集を収録しました。

出版図書目録