〜交通分野の法令解説、好事例等、毎号実務直結〜
月刊交通
推薦 警察庁交通局/編集 道路交通研究会
A5判/104ページ

定期購読のお申し込み、及びこの号のご注文は
お電話 (0120-338-921) 下さい。

または 富士山マガジンサービス でも承っております。
Fujisan.co.jpで購入
月刊交通

概 要
 『月刊交通』創刊当時の昭和45年は、自動車交通量の急激な増加が、都市や幹線道路をはじめ至る所に交通渋滞を生じさせ、自動車公害という新たな公害をもたらした時代である。 交通事故の多発、道路混雑の激化、自動車公害の発生等の交通問題は、人、車、道路等の複雑な要素が相互に絡み合っていたため、単純な手法をもってそれを解決することは、不可能であると危惧されていた。
 そのような折、複雑多岐にわたる交通問題について種々の角度から問題を提供し、その解決策を見いだすため、『月刊交通』が誕生した。
 以来、安全教育・思想の普及啓発、道路や車両の安全の向上、交通事故被害者の救済など様々な立場で交通安全に関わる人々に広く交通警察の「いま」を伝える交流の場として、活用されてきている。
 21世紀、さらなる展開をみせるであろう交通を取り巻く諸課題に積極的に取り組まれる上で、交通に関わる関係者にとってこれからも変わらず、本誌が役立つものであると考える。
(道路交通研究会)


2021年4月号 目次
交通特性の変化をつかむ
交通特性の変化をつかむ―特集に当たって―
科学警察研究所交通科学部交通科学第一研究室長 森 健二
「進学効果」
―児童・生徒の交通事故死傷者数からいえること―
科学警察研究所交通科学部交通科学第一研究室 矢野伸裕
COVID−19の感染拡大後の自動車交通量変動
―千葉県東葛地域を例として―
科学警察研究所交通科学部交通科学第一研究室 萩田賢司
最高速度120km/h導入と実勢速度の変遷
―東北自動車道における事例―
前・科学警察研究所交通科学部交通科学第一研究室 横関俊也
車線変更直前の速度差と車間距離
科学警察研究所交通科学部交通科学第一研究室長 森 健二

平成における新規立法や法改正の起因となった
悪質飲酒運転事犯等の解説(1)
昭和大学医学部法医学講座教授・警察大学校講師・元最高検察庁検事 城 祐一郎
過失運転致死傷罪の求刑に関する質問と回答
昭和大学医学部法医学講座教授・警察大学校講師・元最高検察庁検事 城 祐一郎
高齢者講習データと交通事故データを用いた運転者対策の考え方
〜千葉県警察と連携した事故分析〜
公益財団法人交通事故総合分析センター研究部研究第1課
 三上杏奈/小菅英恵/西田 泰

近年の交通裁判例の紹介(30)
交通判例研究会
交通警察の基礎知識(222)
国際運転免許証と外国運転免許証
道路交通研究会
交差点
千葉県における交通事故抑止対策について
〜交通事故死者「脱ワースト」に向けた取組〜
千葉県警察本部交通部長 山本能之
交通課長日誌(411)
熊本県大津警察署 星子博秋
プロフェッショナル(194)
ますここにあり
大阪府警察本部交通部交通捜査課交通鑑識担当補佐 木野健志
交通警察統計
バックナンバーのご案内
わかりやすい 道路交通法の改正要点
 『月刊交通』臨時増刊号 
2020年9月発刊!
−高齢運転者対策の推進、運転免許の受験資格の見直し、悪質・危険運転者対策の推進に関する規定等を解説−

広告掲載のご案内は こちら
誌面についてのご意見・お問い合わせは こちら「月刊交通」について