関連分野   警察・司法/法学一般   警察・司法/交通   警察・司法/雑誌   警察・司法/駐車違反取締   省庁・自治体/交通安全  
〜交通分野の法令解説、好事例等、毎号実務直結〜
月刊交通
推薦 警察庁交通局/編集 道路交通研究会
バックナンバーはこちら
(別途送料がかかります)
月刊交通
体裁
A5判  104ページ
定価
924
(消費税込み)
概要

『月刊交通』創刊当時の昭和45年は、自動車交通量の急激な増加が、都市や幹線道路をはじめ至る所に交通渋滞を生じさせ、自動車公害という新たな公害をもたらした時代である。 交通事故の多発、道路混雑の激化、自動車公害の発生等の交通問題は、人、車、道路等の複雑な要素が相互に絡み合っていたため、単純な手法をもってそれを解決することは、不可能であると危惧されていた。

そのような折、複雑多岐にわたる交通問題について種々の角度から問題を提供し、その解決策を見いだすため、『月刊交通』が誕生した。

以来、安全教育・思想の普及啓発、道路や車両の安全の向上、交通事故被害者の救済など様々な立場で交通安全に関わる人々に広く交通警察の「いま」を伝える交流の場として、活用されてきている。

21世紀、さらなる展開をみせるであろう交通を取り巻く諸課題に積極的に取り組まれる上で、交通に関わる関係者にとってこれからも変わらず、本誌が役立つものであると考える。

(道路交通研究会)

2023年11月号 目次
交通事故事件捜査について
巻頭言
「交通事故事件捜査」特集に当たって
警察庁交通局交通指導課長 杉 俊弘
交通事故事件捜査の現状と課題
警察庁交通局交通指導課課長補佐 本田康裕
接骨院院長らによる自転車単独事故を偽装した保険金詐欺等事件の検挙
警視庁上野警察署交通課課長代理 金川哲也
電動アシスト自転車の体を為した原動機付自転車による重傷ひき逃げ事件の検挙
静岡県警察本部交通部交通指導課課長補佐 河原崎裕司
東北自動車道で発生した多重交通事故の迅速・適正な捜査
宮城県警察本部交通部交通指導課交通事故鑑識官 髙橋謙二
三次元点群を用いたドライブレコーダー等の映像解析手法「画像計測法」の確立
福岡県警察本部交通部交通捜査課課長補佐 城戸智廣

クローズアップ現代の放送に関する質問と回答
昭和大学医学部法医学講座教授・警察大学校講師・元最高検察庁検事 城 祐一郎

交通課長日誌(442)
栃木県宇都宮東警察署 古口 翔
交差点
子どもと高齢者の交通事故抑止を目指して〜ひまわり号とさわやか号の二刀流〜
鹿児島県警察本部交通部長 中野 誠
近年の交通裁判例の紹介(49)
交通判例研究会
プロフェッショナル(225)
交通捜査課の頼れる特捜班長
福岡県警察本部交通部 交通捜査課交通事故事件 捜査統括官 鈴木衆策
交通警察の基礎知識(253)
高速道路の安全利用について
道路交通研究会
交通警察統計

バックナンバーのご案内

広告掲載のご案内

誌面についてのご意見・お問い合わせ

「月刊交通」質問・意見・要望 募集コーナー

『月刊交通』をご愛読いただきまして、ありがとうございます。今後の参考にさせていただきますので、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。

短期連載「平成における新規立法や法改正の起因となった悪質飲酒運転事犯等の解説」についても、ぜひご意見・ご感想をお寄せください。

ご記入フォームへ
交通安全講話事例集 PART Ⅳ
 『月刊交通』臨時増刊号 
2023年4月発刊!
「交通の方法に関する教則」「交通安全教育指針」及び「道路交通法(令和5年施行)」の改正の内容を踏まえて解説。

交通警察のあゆみ 交通局発足60周年記念
 『月刊交通』臨時増刊号 
2023年2月発刊!
安全で快適な交通社会の実現のために展開された主な施策を集約。
半世紀以上にわたる交通警察の軌跡を次の時代の礎に!


わかりやすい 道路交通法の改正要点
 『月刊交通』臨時増刊号 
2022年8月発刊!
―運転技能検査制度・安全運転サポート車等限定条件付き免許の導入、運転免許の受験資格等を解説―

交通安全講話事例集 PART Ⅲ
 『月刊交通』臨時増刊号 
2022年3月発刊!
「交通の方法に関する教則」「交通安全教育指針」及び「道路交通法(令和4年施行)」の改正に対応

Fujisan.co.jpで購入富士山マガジンサービス でも承っております。