創刊半世紀の月刊誌
2021年4月号
体裁 A5判・128ページ
内容見本
捜査研究 表紙

ISSN 0286-8490
紙版、電子雑誌版を発行中(電子雑誌版は毎月22日発行)
紙版の定期購読のお申し込み、及びこの号のご注文は
お電話 (0120-338-921) 下さい。
紙版、電子雑誌版の定期購読のお申し込み、及びこの号のご注文は
富士山マガジンサービス にて承っております。

Fujisan.co.jpōw

※電子雑誌版は、紙版と同じ内容・レイアウトで固定されています(一部広告等が含まれないことがあります)。
2021年4月号目次
実務編 <捜査実務に役立つ事例紹介、法改正情報など>
【特集1】
子どもの安全をどう守るか
─犯罪学のコペルニクス的転回─
立正大学教授・社会学博士 小宮 信夫

【誌上講義 第19回】
睡眠時無呼吸症候群とは何か(上)
昭和大学医学部教授(薬学博士)・警察大学校講師 元最高検察庁検事 城 祐一郎

【実例捜査セミナー】
外国籍でADHDの疑いがある児童に対する通訳を介した司法面接的取調べ
東京地方検察庁公安部検事 山田 祥太郎

【最新・判例解説(第51回)】
広島高裁判決 令和2.11.10
法務省刑事局付 谷口 純一

親密圏内事案における警察の介入のあり方(第15回)
京都産業大学教授(元警察大学校長) 田村 正博

【取調べにおける心理学(第10回)】
コロナ感染調査と認知インタビュー(2)
法政大学文学部心理学科教授 越智 啓太

わが国文書鑑定の歴史的変遷と展開(第11回)
元警察庁科学警察研究所附属鑑定所長 𠮷田 公一

【検証  サイバー(ハイテク)犯罪の捜査(第105回)】
サイバーテロ時代の捜査上の留意点(個人的見解)~明日のサイバー社会の安全のために~(その7)
NPOデジタル・フォレンジック研究会(IDF)会員 大橋 充直

【事例に学ぶ 交通事故事件捜査110】
信号機のない交差点で,直進する際,一時停止して安全確認をしたか否か
(株)知能自動車研究所 山崎 俊一

(続)覚せい剤使用事犯における留置き・追尾行為を巡る最新判例 (証拠排除)研究(第8回)
修士(法学)・元栃木県警察学校長 (駒澤大学法科大学院在籍) 細谷 芳明

【近年における生活安全判例の紹介(第7回) 】
人工砂浜の埋没事故の責任(最高裁平成26年7月22日決定)
生活安全判例研究会

【文献紹介  267】
『刑事手続法の理論と実務』
明治大学法科大学院教授 清水 真


捜査関係ファイル 2月のできごと

Press Stage論壇・随想編 <「捜査力」と「教養」の向上を図るための論壇、随想など>
Book Land(書評)
 『ひとりぼっちが怖かった』
【特集2】
積水ハウス地面師詐欺事件の事例研究(前編)
樋口 晴彦

「捜査官のためのデジタル・フォレンジック入門」「犯罪被害者支援と弁護士実務」「基礎から学ぶ取調べ」「元検察官のキャンパスノート」「交通事故事件の基本と応用 特別編」 「インクのしずく」「組織の失敗学」「突然ですが、閑話休題」「公務員のための金融講座」 は休載させていただきました。

「捜査研究」質問・意見・要望 募集コーナー

連載「親密圏内事案における警察の介入のあり方」、「録音録画時代の取調べの技術」についての質問や要望を募集いたします。下の「ご記入フォーム」からお寄せください。

「捜査研究」は皆様のご意見を基に作られています。上記連載に限らず、雑誌に希望することなどをぜひお寄せください。

ご記入フォームへ

バックナンバー

 『捜査研究』発単行本 好評発売中!
『第2集 事例から学ぶ交通事故事件』
『第2集 事例から学ぶ交通事故事件』
山崎 俊一 著

詳細はこちらから≫
『実例から学ぶ犯罪捜査のポイント』
『実例から学ぶ犯罪捜査のポイント』
大谷 晃大(監修)
范  陽恭(編集協力)

詳細はこちらから≫
『捜査のための会社法』
『捜査のための会社法』
鶴岡 文人 著

詳細はこちらから≫
『捜査のための民法』
『捜査のための民法』
鶴岡 文人 著

詳細はこちらから≫
『刑事法判例の最前線』
『刑事法判例の最前線』
前田 雅英 著

詳細はこちらから≫
『捜査実例中心 刑法各論解説』
『捜査実例中心 刑法各論解説』
司法研修所検察教官室 著

詳細はこちらから≫

<臨時増刊号>
四段対照式 犯罪捜査規範 【改訂版】
臨時増刊号 表示
定価(1,945円+税)
詳細はこちら≫
現場捜査官のための対照式法令集が、取調べの録音・録画制度全面施行に伴う最新の法改正に対応!
  • 取調べの録音・録画制度全面施行に伴う最新の法改正に対応。
  • 「犯罪捜査規範」を逐条登載した上で、関連する「刑事訴訟法」、「刑事訴訟規則」、「関係法令」を対照して登載。現場捜査官に必要な捜査手続の根拠が一目で理解できるよう構成。
  • 被疑者取調べ監督規則、民法、暴対法、死因・身元調査法等、実務に直結する関係法令のうち、現場で参照する箇所に絞って新登載。
「捜査研究」について 誌面についてのご意見・お問い合わせは こちら

「捜査研究」広告掲載のご案内は こちら